• TOP
  • ライフ
  • グリーンジャンボ 都知事にあやかる実績ファースト売り場

ライフ

2017.02.24 07:00  週刊ポスト

グリーンジャンボ 都知事にあやかる実績ファースト売り場

姶良グラードCCには各地から宝くじファンが駆けつける

 2017年最初のジャンボ宝くじである「グリーンジャンボ宝くじ」の発売が、2月22日からスタートする。

 1等・前後賞合わせて5億円。今年はこれに加えて1等5000万円の「グリーンジャンボミニ」も同時に発売される。一攫千金の大チャンスを掴むヒントを、ノリにノッてる“あの人”が教えてくれた──。

 史上最高当せん額の10億円(1等・前後賞)だった2016年の「年末ジャンボ宝くじ」。本誌は“山ちゃん”の愛称で知られる宝くじ研究家・山口旦訓氏がオススメする、全国10か所の“神ってる”激ツキ売り場を紹介した。そのひとつである北海道札幌市の『大通地下CC(チャンスセンター)』から1等が飛び出した。

 山口氏は謙遜しながらも、的中理由をこう明かした。

「年末ジャンボの1等は全国で16本。そのうちの2本が北海道から出ました。近年、5大ジャンボ(グリーンジャンボ、ドリームジャンボ、サマージャンボ、オータムジャンボ、年末ジャンボ)の1等当せん実績で、東京、大阪、愛知の3大都市に続く結果を残しているのが北海道なのです。

 2016年は北海道新幹線開通に、日本ハムファイターズの優勝、コンサドーレ札幌のJ1復帰、北海高校の夏の甲子園準優勝など、明るい話題が多かっただけに、運気上昇を読み切ったのが的中の要因かもしれません」

 運気上昇の気配をいち早く掴むのが当せんの鉄則だ。ならば、今度の「グリーンジャンボ」はどの売り場で購入すればいいのか。絶好調の山ちゃんがさらに続ける。

「今年を語るうえで欠かせないのは、“グリーン”をイメージカラーとする小池百合子・東京都知事です。グリーンジャンボの販売元は全国自治宝くじ事務協議会で、会長を小池都知事が務めており、縁も深い。この“縁”に乗らない手はありません。

 またグリーンジャンボは、福島県郡山市の『みずほ銀行郡山支店』で2015年、2016年と2年連続で1等が飛び出したように、一度高額当せんが出た売り場から2度目の大当たりが出るケースが多い。“都民ファースト”ならぬ“実績ファースト”で売り場を選ぶといいでしょう」

 そこで、山ちゃんおすすめの「激ツキ売り場」をいくつか紹介しよう。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス