• TOP
  • 国内
  • 都議選 自民20議席以上減らす大敗予測に衆院解散で対抗か

国内

2017.03.06 07:00  週刊ポスト

都議選 自民20議席以上減らす大敗予測に衆院解散で対抗か

都議選「惨敗」予測に自民党は衝撃

 国政選挙4連勝と負け知らずの安倍晋三首相が7月2日投開票の東京都議選「惨敗」の予測に衝撃を受けている。

〈自民党は“善戦”でも現有の57議席から20以上減らす〉──自民党選対本部から官邸にそんな見通しが伝えられているのだ。

 実際、強まる一方の小池旋風で都議会自民党は崩壊寸前だ。都議選の前哨戦となった2月の千代田区長選では自民党候補がトリプルスコアで大敗。“都議会のドン”と小池百合子都知事に名指しされた内田茂・都議が引退に追い込まれ、都議会は百条委員会で石原慎太郎・元都知事の証人喚問を決定した。泥船の都議会自民党からは離党者が相次いでいる。

 都議選(定数127)は定数1の千代田区から定数8の世田谷区までが混在するが、小池知事の「都民ファーストの会」は全選挙区に70人以上の候補を立てて過半数を狙う構えだ。自民党東京都連の選対スタッフの表情は引き攣っている。

「小池氏がそこまでの数の立候補者を立てるとなれば、自民党は7つある1人区で全敗する可能性が高い。最低1議席は確保できると思われていた15の2人区も相当厳しくなる。このままでは20議席減どころか、過去最低だった2009年都議選の38議席を大きく割り込む歴史的大敗になるかもしれない」

 都連幹部から最新の選挙情勢の報告を受けた安倍首相は、「そこまで悪いのか」と絶句したという。

関連記事

トピックス