• TOP
  • 芸能
  • かまやつさんが森山良子に贈った愛車 35年経った今も現役

芸能

2017.03.13 16:00  女性セブン

かまやつさんが森山良子に贈った愛車 35年経った今も現役

 かまやつさんは無類の車好きとしても知られ、森山も「車はファッション」と言い切る車好き。かまやつさんはフェラーリ、ルノー、シトロエン、ボルボとさまざまな外車に乗ってきたが、長年乗った名車ミニ・カントリーマンには逸話がある。

「車好きの間では、『カントリーマンといえば、かまやつさんだよね』という認識です。その愛車を1980年に森山さんにプレゼントしたそうです。その後、娘の奈歩さん(45才)、息子の直太朗さん(40才)と代々受け継がれ、いまだに現役で走っているそうです」(自動車雑誌記者)

 その直太朗とも森山を交えてたびたび食事をしていた。自身の70才を記念したアルバム『1939~MONSIEUR(サンキュームッシュ)』に収録された楽曲『懲りない二人』は、直太朗がかまやつさんのために書き下ろし、森山も作詞に携わった一曲だ。

 3人がテレビで初共演した2009年2月の『MUSIC FAIR』(フジテレビ系)ではその思い出の曲を披露。当時のテレビ関係者が振り返る。

「かまやつさんが『恥ずかしいなぁ』と照れていると、直太朗さんが『練習してきた?』、『かまやつさん、そこ違うよ』と楽しそうにダメ出しをしてたんです。それでも本番は息ぴったりで、さすがだなと思いました」

※女性セブン2017年3月23日号

関連記事

トピックス