• TOP
  • 芸能
  • セクシー女優・紗倉まなの小説は「親子の血の匂いする名作」

芸能

2017.03.29 16:00  週刊ポスト

セクシー女優・紗倉まなの小説は「親子の血の匂いする名作」

紗倉まなの小説は「純文学」そのもの

 お笑いコンビ・ピースの又吉直樹(36)の『火花』が15年に芥川賞を受賞したことは大きな話題となったが、またしても意外な人物の受賞があるかもしれない。3月18日、人気セクシー女優の紗倉まな(23)が小説『凹凸』を発表した。

 2012年に18歳でAVデビューした紗倉は、あどけないルックスながらB89・W58・H89の豊満ボディで一躍人気女優となり、2013年には明石家さんまとの密会デートをフライデーされている。そんなトップ女優の紗倉が“女流作家”転身を果たしたのが昨年2月だ。AV業界に生きる女性を描いた『最低。』は大きな話題となった。

 2作目となる『凹凸』は、両親が離婚して母子家庭に育ったという実体験をもとに、母と娘の葛藤と性愛を描いたストーリー。人気セクシー女優の作品だけに、さぞかしエロティックな内容──と思いきや、内容は「純文学」そのものだ。

 たとえば、冒頭はこんな描写で始まる。

〈季節の変わり目を告げるかのようなかすかな熱を含んだ風が、後ろでひとつに縛り上げた髪をいたずらに吹き上げていった〉

 ネットでは「『火花』に劣らないクオリティ」「読みやすいのに静謐で知的な文章。親子の血の匂いがする名作だ」と話題沸騰中だ。

“芥川賞候補作家”の紗倉は本誌に、「今回はもう一人の自分を描いた」と打ち明ける。

「AVの仕事をしてなかったら、24歳の私はどんな生活を送っていただろうと想像して書きました。常に男が絶えなかった祖母や、男に目もくれなかった母など、私の家族の姿を物語に織り込んでいます」

 忙しいAV撮影の合間にエピソードを書き溜め、昨年末から約2か月で一気にまとめ上げた。

「最初の原稿は、編集者に『読者を楽しませる気のない、自己満足の“オナニー文章”』とダメ出しされ、泣きながら書き直しました」

 執筆に専念すべく禁酒したというが、「禁欲はしていません!」と笑う。

※週刊ポスト2017年4月7日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス