• TOP
  • ライフ
  • 【書評】通説の虚をついた大胆な推論による徳川家歴史実録

ライフ

2017.04.21 07:00  週刊ポスト

【書評】通説の虚をついた大胆な推論による徳川家歴史実録

【書評】『徳川制度 補遺』/加藤貴・校注/岩波文庫/1740円+税

【評者】池内紀(ドイツ文学者・エッセイスト)

 明治前半期の代表的な新聞だった「朝野新聞」連載の歴史読み物より、先に『徳川制度』三冊が編まれた。そこからこぼれ落ちたのを「補遺」としてまとめ、校注、全四巻の索引をほどこしたもの。全八○○余ページ。文字どおり圧巻の文庫になった。

「鎖国始末」「大久保忠隣の改易」「釣天井始末」「柳沢吉保」「社界魔」……。タイトルを見ただけでワクワクする。学者には相手にされないが、「実録」というイキのいい語りでしるされ、威勢よく通説に異をとなえているからだ。校注者加藤貴による注記は一六五ページに及び、これだけで独立した一冊としてたのしめる。

 鎖国に至る前のイエズス会と時々の権力者とのかかわりは、前近代グローバリズムの見本というものだろう。アメリカ新大陸を「発見」したスペイン。ポルトガルの侵略、強奪ぶりからして、鎖国政策がいかに正当な選択であったかがうかがえる。

 日本人最初のイエズス会イルマン(修道士)となった琵琶法師ロレンソとキリシタン排撃を主張した日乗との間に、永禄一二年(一五六九)、信長立ち会いの宗論があった。そんな注記が実録を何倍にも深めてくれる。

「余は大納言の一件を以て、上野介一件の復讎とはいわざるなり。しかれども、上野介一件は、少なくとも大久保事件の復讎なりと推定せざるを得ず」

関連記事

トピックス