国内

眞子さま 女性宮家議論に悩まれながら結婚へのご希望を吐露

横浜や都内でデートをされていたという眞子さま

 近くご婚約することとなった眞子さま。話題のお相手は、神奈川県横浜市に住む小室圭さん(25才)だ。眞子さまとは国際基督教大学(ICU)の同級生で、5年ほど前に開かれた海外留学に関する意見交換会で出会われ、交際を続けられてきたという。2010年には、藤沢市が主催する『湘南江の島 海の王子』として観光キャンペーンなどでも活躍したイケメンだ。秋篠宮家に近い関係者が明かす。

「小室さんは高校までインターナショナルスクールに通った国際派。皇族として海外訪問や賓客と接する機会の多かった眞子さまとは、キャンパスで自然と会話が弾んだといいます。眞子さまは学生時代にスキーサークルに所属されていましたが、小室さんの趣味もスキーという共通点も、お互いの距離を縮めるのに一役買ったのでしょう」

 眞子さまは2014年3月にICUを卒業後、同年9月からイギリス・レスター大学大学院へ1年間留学。帰国後は、成年皇族として公務を担われるかたわら、学術文化総合ミュージアム『インターメディアテク』(東京都千代田区)で客員研究員として従事されていた。

「小室さんは大学を卒業後にメガバンクに就職。現在は退職して、次の夢に向けた準備期間にあるそうです。ふたりは小室さんの自宅のある横浜近辺や都内で、月に数回デートを重ねられながら愛を深められたといいます」(前出・関係者)

 現在の皇室典範では、女性皇族は結婚すると皇籍を離脱すると定められている。たとえば、天皇陛下の長女である紀宮さまは2005年、黒田慶樹さんと結婚されて皇族の身分を離れられ、黒田清子さんと名前を変えられた。

 近年、成年皇族の人数の減少が不安視され、女性皇族が結婚しても皇籍離脱をせず、公務を担えるようにする「女性宮家創設」が取り沙汰されてきたが、議論は暗礁に乗り上げている。

「陛下の孫世代の皇族は現在、愛子さま、眞子さま、佳子さま、悠仁さまの4人だけです。この先、皇太子さまや秋篠宮さまがご高齢になられたとき、若くて活動的な成年皇族は、皇位継承順位3位の悠仁さまのほか、女性3人ということになります。ところが、眞子さまが結婚されると1人減ります。さらに愛子さま、佳子さまが結婚されれば、活発に活動できる成年皇族が悠仁さまお1人だけという前代未聞の事態にもなりかねません。眞子さまはそれを悩まれて秋篠宮さまと紀子さまに“結婚してもいいものか”と胸中を吐露されたそうです。悩まれる眞子さまにご夫妻は“自分の気持ちを大切にしなさい”と、そっと背中を押されたといいます」(前出・関係者)

撮影/雑誌協会代表取材

※女性セブン2017年6月1日号

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン