• TOP
  • ライフ
  • 処方箋なくても「病院で出す薬」買える薬局の使い勝手

ライフ

2017.06.22 11:00  週刊ポスト

処方箋なくても「病院で出す薬」買える薬局の使い勝手

 医薬品は大きく分けて2種類ある。「医療用医薬品」と、ドラッグストアなどで購入できる「一般用医薬品」、いわゆる市販薬だ。医療用医薬品は病院を受診して医師に処方箋を出してもらい、調剤薬局で買うものと認識されている。市販薬に比べて効能が高いが、その分副作用リスクもある。それゆえ医師の診断が必要──というのが一般的な理解だ。

 しかし、実は医療用医薬品には処方箋が必須の薬と、そうではないものがある。

 薬の添付文書をよく見ると、そのことがわかる。例えば血が固まるのを抑える抗凝血薬「ワルファリン錠」の場合、規制区分に「処方箋医薬品」と書かれている。一方、風邪薬として処方される「PL配合顆粒」は医療用医薬品であるものの、規制区分には「処方箋医薬品以外の医薬品」と書かれている。こうした薬は、処方箋なしでも買うことが認められているのだ。

 現在、厚労省が認可している医療用医薬品の品目は1万8000種類ほど。その半数近い7000種類は処方箋が必須ではない医薬品だ。池袋セルフメディケーションで取り扱っているのは約300品目。店頭在庫としては常時約100品目以上を置いている。同店で買える主な医療用医薬品は別掲のリストに示した通りである。

“いつもの薬”をもらいたいだけなのに、病院で長時間待たされ、いざ診察となるとすぐに終わる──そんな体験のある人には、魅力的な選択肢に映るだろう。確認できた限りで全国にこうした「病院の薬」が買える薬局は6店。北海道で営業する「かすみ園薬局」の薬剤師・佐藤州広氏がいう。

「薬が欲しい時にすぐ手に入れられる薬局があれば早期に治療ができる。患者にとってメリットのある店舗にしたいと考えて始めた。なんとなく体の不調を訴えて来店した人など、病院の診察が必要そうな人には診察を受けてもらうなど、注意しながら運営しています」

関連記事

トピックス