• TOP
  • ビジネス
  • 「経営陣と管理職は時間の20%を人事に使うべき」と大前氏

ビジネス

2017.07.12 07:00  SAPIO

「経営陣と管理職は時間の20%を人事に使うべき」と大前氏

経営者の時間配分が会社の未來を分ける

 企業に対し、「社会貢献」「社会的責任」が求められて久しい。投資家たちも、就職先を選ぶ学生たちも、「この会社はどんな社会貢献ができるのか」といった視点で企業を見るようになった。しかし、大前研一氏は、「人事への力の入れ方」こそ「良い会社」を判別する指標になると指摘する。

 * * *
 世間では“良い会社”の概念が変化しつつあるようだ。その背景にあるのは「ESG投資」の世界的な広がりだ。これは企業のビジネスを、

・環境(Environment)
・社会(Social)
・企業統治(Governance)

 の観点で分析し、その評価が高い会社のほうが将来の成長が見込める“良い会社”とみなして積極的に投資するというものだ。日本でも住友商事をはじめ多くの企業が「今後は利益だけでなく社会貢献だ」と言い始めた。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス