• TOP
  • 国内
  • 佐藤優氏と片山杜秀氏がオウム、スプーン曲げなどを語り合う

国内

2017.07.17 07:00  SAPIO

佐藤優氏と片山杜秀氏がオウム、スプーン曲げなどを語り合う

スプーン曲げブームをつくったユリ・ゲラー氏 Fortean/AFLO


◆1000年に一度の大世紀末

佐藤:ロシアではオウム真理教の危険性は十二分に理解されていました。それはオウム真理教のドクトリンが、19世紀末の思想家・ニコライ・フョードロフの影響を受けているから。

 モスクワのソクラテスと呼ばれたフョードロフは、本がたくさん読めるからという理由でロシア中央図書館で住み込みで働いていた。彼のもとにはドストエフスキーやトルストイらが訪ねています。

 キリスト教ではイエス・キリストとともにアダムとエバ以降のすべての人が復活すると信じられていますが、フョードロフは自然科学の発達によって近未来に万民が復活すると考えた。

 ただし万民が復活すると地上に土地と空気が足りなくなる。だからほかの惑星に移動しなければならないと主張した。その思想はアポロ計画やソユーズ計画に活かされ、やがてフョードロフはロケット工学の父と呼ばれるようになる。

片山:一種の終末思想ですね。オウム真理教はフョードロフの思想で理論武装して、ロシアでの布教に活かした。ロシアから輸入した思想をロシア人が喜ぶ形で循環したわけですね。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス