国内

最新国内記事のRSS

ボディガード白昼射殺の一部始終「撃ってみんかい」と叫んだ

2017.09.16 07:00

 山口組から神戸山口組が分裂してから3年、神戸山口組から任侠山口組が再分裂して半年が経とうとし、“3

 山口組から神戸山口組が分裂してから3年、神戸山口組から任侠山口組が再分裂して半年が経とうとし、“3つの山口組”は均衡状態に入ったかと思われた。が、突如として音は鳴り、血が流れた。任侠山口組のトップが白昼堂々、狙われる事件が起き、1人が死亡したのだ。フリーライターの鈴木智彦氏が事件直後に現地入りした。

 * * *
 9月12日午前10時5分、神戸市長田区の路上に銃声が響いた。今年4月、神戸山口組から離脱して発足、山口組分裂の第三勢力となった任侠山口組の織田絆誠代表が、複数のヒットマンに襲撃されたのだ。

 犯行現場は地下鉄西神・山手線長田駅から北側に約200メートル、片側三車線の幹線道路で、徒歩1分の路地には、織田代表の自宅がある。自宅を出た車は、狭い路地を通り、表通りに走り出す寸前だったという。その瞬間、待ち伏せていた黒いクラウンが正面から突っ込み進路を塞いだ。背後にボディガードたちが乗った2台の車がいたため、一瞬、織田代表が乗った先頭車両は、前にも後ろにも進めず立ち往生してしまった。

 白昼、人通りの多い往来での襲撃だったため、その一部始終が多くの人に目撃されている。信号待ちの車から犯行を目撃した男性が言う。

「白のアルファードが出てきて、黒いセダンとぶつかって衝突音がした。双方の側から男性が降車してきて、組んずほぐれつの取っ組み合いがはじまった。接触したくらいでなぜこんな喧嘩になるんやろと思ってたら発砲音が聞こえた。お互いの体が離れ、被害者の方が歩道寄りに立ち『撃ってみんかい』と叫んだんです。えらいことだと思って110番したけど、全然繋がらなかった」

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP