芸能

錦織圭の恋人が相談、数霊占術師「川奈の神様」の教え

アウトレットで買い物中の錦織圭と恋人の観月あこ

 スポーツ選手長者番付では圧巻の日本一。年収37億円の錦織には、ぴたりと寄り添う彼女がいる。周囲の猛烈な反対をものともしないふたりは、結婚目前とのウワサ。そんな彼女がすがり、助言を請うのは「川奈の神様」と呼ばれる数霊(かずたま)占術の占い師だという。その正体とは──。

 先月、米国の宝くじ『パワーボール』で約830億円の当せん金を手にした女性が話題となった。当せん確率は約2億9200万分の1で、隕石に当たって死ぬ確率よりも低いという。

 しかし、こちらも負けていない。生涯収入は推定300億円超え。しかもイケメン、世界屈指のスポーツ選手で名声もある。そんなカレを射止めた彼女は、ある著名な占い師のもとを訪ね、「愛される女性になるための助言」を受けていた。

 けがのため今季の残り全試合の欠場を決めた錦織圭(27才)。フロリダの自宅でリハビリ生活を送る彼の横にはいつも婚約者が寄り添っている。

「来期ツアーの復帰に向けて年内はしっかりと治療に専念するようです。日本には戻らずにずっとフロリダにいる予定だと思います。恋人の観月あこさん(25才)がつきっきりで支えていますよ」(ふたりの知人)

 交際から約2年半、“パートナー”として暮らすふたり。結婚も「カレ次第」といい、秒読み段階に入っているようだ。

「錦織さんの両親はまだ反対しているようですけどね。試合で結果を残したら説得できると二人三脚で頑張っているんだと思います。観月さんは交際を始めた当時、芸能活動をしていたこともあり、過去の男性遍歴や交遊を取り沙汰されたため周囲の評判がイマイチで…。本人は前向きなタイプなので、意に介していないようですけどね」(スポーツ紙記者)

 先日、米経済誌『フォーブス』が発表した2017年「テニス長者番付」で3位にランクインした錦織。年収は3390万ドル、日本円で37億3200万円だという。

「テニスだけではなく世界のスポーツ選手の長者番付で26位。けがで欠場中でも、スポンサー契約は17社にものぼり、他にもオファーが絶えません。それだけに観月さんは、“お金目当ての交際”“お金にしがみついている”といわれるなど、当然やっかみも多いんでしょう。実際は、彼女の実家は事業を営んでいて相当裕福な家庭です。お金目当てということじゃなさそうですけどね。

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン