• TOP
  • 国内
  • 愛子さま 高校初の運動会「ドリブル競争」で悔し涙

国内

2017.10.06 07:00  女性セブン

愛子さま 高校初の運動会「ドリブル競争」で悔し涙

運動会で「ドリブル競争」に登場された愛子さま

 朝からさわやかな秋晴れが広がった9月30日、学習院女子中等科・高等科合同の運動会が開催された。年に1度のイベントに胸を高鳴らせる生徒たちに交じって、愛子さまが登校されたのは午前8時20分頃。髪を後ろで1つに結ばれ、通学かばんと手提げバッグを持たれた愛子さまは、軽やかな足取りの一方、両ふくらはぎに巻かれたテーピングが目を引いた。

「9月上旬から、運動会に向けて始業前に練習が行われ、愛子さまも、普段より1時間以上早く登校されていました。猛特訓を積まれたため、少し足に負担もかかってしまったのでしょう。昨年、愛子さまはこの時期に長期欠席されており、運動会に参加できませんでした。それだけに、より強いお気持ちがあったのかもしれません」(皇室記者)

 愛子さまに遅れること20分ほどで、皇太子ご夫妻も観戦のため到着。グレー系のお召し物でトーンを合わされたご夫妻はテント席に着かれ、ちょうど9時に開会式がスタートした。午前の部で愛子さまが出場されたのは、クラス対抗の玉入れだった。

「高校生になって初めての運動会とあって、愛子さまは大はりきり。身振り手振りをされながら、クラスメートと楽しそうに作戦を練られていました。ときおり、両手で『ゲッツ!』のようなポーズをされて、ふざけ合っている様子も微笑ましかったです」(学習院関係者)

関連記事

トピックス