• TOP
  • 芸能
  • 高須院長 チベットで亡命政府大統領に「高須平和賞」を授与

芸能

2017.10.07 07:00  NEWSポストセブン

高須院長 チベットで亡命政府大統領に「高須平和賞」を授与

高須:授与式の翌日に謁見させていただいた。猊下もすごくお元気そうで、本当によかったね。スマホでツーショットを撮ってもらいたかったけど、セキュリティーの問題でスマホを取り上げられちゃったのが残念だったけど、まあ仕方ない。でも、猊下は、ぼくの頬をマッサージしてくれたんだよ。日本からわざわざ来てくれてご苦労さまでしたっていう感じだね。いやあ、なかなか猊下とそんな形で触れ合うことなんてできないから本当に嬉しかった。高須平和賞を作ってよかったよ。余裕で元は取れたな(笑い)。

──さて、高須平和賞の第二号受賞者ですが…。

高須:前から言っているけど、リチャード・ギアに贈りたいんだよね。

──中国によるチベット弾圧を批判して、ハリウッドから干されてしまったという。

高須:そう、今はハリウッドも中国資本がたくさん入っているから、チベット弾圧はタブーになっちゃっているんだよ。正しいことを言っただけのリチャード・ギアが干されるというのはあまりにもおかしい。だから、平和賞をあげることで、リチャード・ギアが理不尽な扱いを受けているということをもっと世間に広めたい。そして、リチャード・ギアが1ミリも間違っていないということを多くの人に知ってほしい。

 でも、中国企業によるハリウッド進出もだんだんとボロが出始めているみたいだね。ハリウッドに巨額の資本を投じるはずだったのが、ちゃんと支払いもせず途中でウヤムヤにしようとしている中国企業もあるというじゃないか。そりゃあ中国政府だって、アメリカにバカバカお金が流れていくのを嬉しく思わないだろうし、国からの干渉があるのも仕方ないことだろう。まともな取り引きができるわけがない。そんな信用ならない中国企業に気を遣って、リチャード・ギアのような正義感あふれる素晴らしい俳優を干すなんて、ハリウッドも堕ちたものだよ。

 高須平和賞は、ちゃんと筋と義理を通す人に贈るもの。そして、筋と義理を通さない奴らの愚かさを世間に知らしめるためのもの。リチャード・ギアには是非とも受け取ってほしいなあ。

 * * *
 チベット亡命政府で有意義な時間を過ごせたという高須院長。筋を通す人を称え、通さない人を懲らしめるための「高須平和賞」に、これからも期待しています!

【プロフィール】
高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)、『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)、『筋と義理を通せば人生はうまくいく』(宝島社)、『行ったり来たり 僕の札束』(小学館)など。最新刊は『ダーリンは71歳・高須帝国より愛をこめて』(小学館)。


関連記事

トピックス