スポーツ

最新スポーツ記事のRSS

貴乃花親方が敗れたら相撲界は白鵬の天下になる

2017.12.07 07:00

 10月の鳥取巡業中に起きた平幕力士・貴ノ岩への暴行事件は、“実行犯”だったはずの横綱・日馬富士が引

 10月の鳥取巡業中に起きた平幕力士・貴ノ岩への暴行事件は、“実行犯”だったはずの横綱・日馬富士が引退してなお、幕引きの兆しが見えない。八角理事長(元横綱・北勝海)と貴乃花親方の対立が深刻化する中で、新たな対立構図が生まれるとともに、暴行事件の真相解明も本番はこれからとなる。

「八角理事長サイドはなんとか水面下でことを収めたい。いくつかのルートで貴乃花親方に接触して、和解に向けた交渉を試みているようですが、貴乃花親方は完全に無視している。八角理事長がほうぼうに頭を下げてコンタクトを取ろうとしても、貴乃花親方が同じテーブルにつこうとしないのです」(協会関係者)

 貴乃花親方は、すでに執行部とも、横綱・白鵬たちとも闘う準備を整えつつある。九州場所千秋楽の後、福岡県田川市内にある貴乃花部屋宿舎で行なわれた「打ち上げ」で、貴乃花親方は多くの後援者たちを前に、「一歩も退かず、正々堂々と戦い抜く」と説明した。この発言も各メディアを通して拡散された。

「打ち上げでの様子がワイドショーなどで流れましたが、これは貴乃花親方が出席者の動画撮影、録音を禁止しなかったために起きたことだ。カーテンも閉めず、外からテレビカメラが窺えるようにしていた。ワイドショーなどが、あらゆる手段で音声や映像を入手しようとすることも分かっていたはず。映像を流出させ、自身の主張を世間に発信する。すべては計算ずくだったのではないか」(担当記者)

 徹底抗戦の意志を明確にしているのである。メディアに対しては今なお沈黙を守っている貴乃花親方の「次の一手」に注目が集まっている。若手親方はこう言うのだ。

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP