断られてもオファーを続けることはよくあります。小田和正さんは数年越しの交渉が実って、「井上真央ちゃんが撮るならいいよ」と、2012年に出演してくださった。じっくり半年間打ち合わせをするなど、こだわりを持ってスタートまでに時間をかける綾野剛さんのようなケースもあります(2013年放送)。そうした粘りが、その人にとって「初密着」を撮れる秘訣かもしれません。

──密着期間はどのくらい?

 ミニマムは東日本大震災後1週間で放送した2011年放送の元TBSアナウンサー・小島慶子さん。特例では、同年放送の女子サッカー選手・澤穂希さんは過去の素材とW杯の凱旋インタビューを組んで1日で作りました。

 最長は5年で、2016年に放送された漫画家の小山宙哉さん。『宇宙兄弟』が社会現象になった数年前に企画は通していたんですが、納得のいく素材が集まるまで粘りました。同じく2016年のトド猟師・俵静夫さんも、トドが捕れるまで1年寝かせました。平均的には3か月程度。常時20企画が同時進行している状況です。

──密着中に怒らせることは?

 ありますよ。こちらの質問の仕方が悪かったり、相手の感情の起伏などで「ごめんなさい」とディレクターが謝ることはよくあります。

 音楽プロデューサー・小林武史さん(2011年)はOAを見て、「ちょっと違うと思ったんだよなぁ」と話していましたが、周囲の反応で納得された。密着を通して、自分が見ている自分と人が見ている自分とのギャップを突きつけられることが多いんです。「自分が見せたくない部分を出される番組だ」と語っていた貴乃花親方も、密着を始める前にスタッフがカメラを持たないで部屋へ1週間泊まり込んで、信頼関係を築くことでいろいろ撮影させてくれた。

 2013年放送の少女時代は終盤で撮影が難航。日韓問題が微妙な時期に取材の規制がかかりそうになり、ライブ中の楽屋で少女時代のスタッフと番組スタッフが1時間ほどにらみ合った。そこも時間軸での解決です。プロセスを大事にする。そしてその根底に相手に対する愛情を持つことで信頼関係が生まれる。この番組を成立させているいちばんの秘訣かもしれません。

※女性セブン2018年1月1日号

関連記事

トピックス

中居
完全復帰の中居正広が支持される理由 素晴らしい人柄とプロデュース力
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
志村けんさんが語っていた旅館への想い
志村けんさん 20年通った旅館が全焼から再建、家族が果たしていた約束
女性セブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン