• TOP
  • 芸能
  • 東宝特撮映画を彩った美人女優たち

芸能

2018.02.09 16:00  週刊ポスト

東宝特撮映画を彩った美人女優たち

名女優がズラリ

『ゴジラ』をはじめ、東宝の特撮映画といえば怪獣とヒロインだ。東宝特撮映画を彩った美人女優たちを振り返ろう。

●水野久美/『マタンゴ』(1963年、東宝) 関口麻美役
 初期の東宝特撮映画を代表するヒロインであり、その役柄は研究者、X星人、南海の娘など多岐にわたり、妖艶なビジュアルが当時の青少年をノックアウト。中でも出色の出演作は、若者たちが漂流した島で次々と“第三の生物”に侵食される『マタンゴ』だろう。水野が禁断のキノコを口にして「美味しいわ……」とつぶやく艶めかしさは忘れがたい。

●浜美枝/『キングコング対ゴジラ』(1962年、東宝) 桜井ふみ子役
 抜群のプロポーションを誇り、数々の東宝作品に花を添えた。世界的モンスターであるキングコングを招いた本作では、お約束の「コングに愛され、手の平に包まれる美女」を演じ、国会議事堂の屋上まで拉致される。

●ザ・ピーナッツ/『モスラ』(1961年、東宝) 小美人役
「モスラ~やっ、モスラ」の歌声は、誰もが耳に残っているだろう。インファント島に住む双子の妖精「小美人」を演じたのは、すでに大人気だった双子デュオのザ・ピーナッツ。歌だけでなく、セリフも驚異のシンクロ率だった。

関連記事

トピックス