芸能

NHKあさイチ 「坂上忍と真逆」華丸大吉は適任との評

華丸・大吉は坂上忍の逆張り?(公式HPより)

 国民的な“朝の顔”にしては、意外なダークホースだったという印象が強い。注目されていた『あさイチ』(NHK)司会・井ノ原快彦(41才)の後任に、お笑いコンビ「博多華丸・大吉」が決まった。

「井ノ原さんの続投を望む声は局内にも強くありました。井ノ原さんも、有働由美子アナ(48才)の降板は当初知らなかったようで、10周年まであと2年ちょっと一緒にがんばりたいという思いもあったようです。一方で、有働アナが番組を卒業するのであれば、一緒に歩んできたという思いが強くあったので、番組サイドに同じく卒業させてほしいと申し出たそうです」(テレビ局関係者)

 後任候補として、“朝ドラ”で人気を博したディーン・フジオカ(37才)らの名前も報じられたが、NHKの後任選びは難航した。

「帯番組のレギュラー交代となると、通常であれば半年以上前から交渉をするケースが多い。他の仕事をセーブする必要がありますからね。後任候補に打診しても、なかなかスケジュールの都合がつかなかったようです。人気MCの後任というプレッシャーもあったのでしょう。劇団ひとりさん(41才)や林家三平さん(47才)らも候補に挙がったのですが、話はまとまらなかったそうです」(芸能関係者)

 彼らと同時に名前が挙がっていたのが、博多華丸・大吉だった。コンビ結成28年目。漫才の実力は折り紙付き。児玉清さん(享年77)や川平慈英(55才)のモノマネでも知名度は高い。とはいえ、情報番組のMCというイメージがあまりないのが気になるところ。

「もしお笑い芸人の中で選ぶなら、“彼らしかいなかった”というぐらいの適任者です。福岡出身の2人の博多弁の口調は柔らかく、お笑いのスタイルも正統派。他人の悪口で笑いを取ることも、下ネタもありません。お酒は大好きですが、酔って絡んだり暴れたりも全然ない。2人とも既婚者というのもポイントでしょう。その上、よく見るとなかなかのイケメン(笑い)。主婦からも一定の支持があるんですよ」(前出・テレビ局関係者)

 生放送の司会の安定感も充分だという。

「お堅い企業や行政、自治体のイベントに呼ばれるお笑い芸人は少ないですが、博多華丸・大吉は引っ張りだこ。受け答えが軽妙なだけでなく、失言がなくて発言が慎重なので重宝されるんです」(広告代理店関係者)

 かつて、朝ドラが終わったら他局の情報番組にチャンネルを変えるのが、多くの人の“朝の習慣”だった。しかし、8年前にイノッチと有働アナの『あさイチ』がスタートすると、朝の時間帯もNHKの独り勝ちになった。そんな人気者2人の「後釜」に、NHKは勝算があるのか。

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン