• TOP
  • 芸能
  • デヴィ夫人 ブレイクの理由は「セレブなのに一生懸命」

芸能

2018.03.18 07:00  NEWSポストセブン

デヴィ夫人 ブレイクの理由は「セレブなのに一生懸命」

デヴィ夫人、出まくりの理由(公式ブログより)

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、ここにきてまたブレイク中のデヴィ夫人について考察。

 * * *
 デヴィ夫人のテレビ出演が激増している。3月のこの1週間だけみても、

11日『路線バスで寄り道の旅』(テレビ朝日系・18日オンエア分の押し番組)
14日『1周回って知らない話』(日本テレビ系)
15日『所さん!大変ですよ』(NHK)
16日『超問クイズ!真実か?ウソか?』(日本テレビ系)
17日『胸いっぱいサミット!』(関西テレビ)
同 『土曜 ブレイク THEオークションの怪人』(TBS系)
18日『路線バスで寄り道の旅』

 …と出まくりだ。

 3月中旬から下旬にかけてのこの時期、テレビは期首特番シーズン。スペシャル番組が数多く編成されるうえ、レギュラー番組も年度末に向けて高視聴率を獲得しておきたい時期と重なる。

 番組スタッフは、“数字をもっているタレント”“スペシャルなキャスティング”を考える。そうした企画会議において、「デヴィ夫人」の名前が頻繁に上がっていたということになる。

 ちなみに、上記の番組の多くにはサブタイトルが付いており、たとえば『路線バス〜』は、「徳さんがデヴィ夫人を上野・浅草・新小岩で接待いたしますSP」。以前、デヴィ夫人を怒らせたことがあるというレギュラーの徳光和夫とおなじみの路線バスにデヴィ夫人と下町を掛け合わせた化学反応は、ハッピーな結果をもたらすこと間違いなしだろう。

 また『1周回って〜』には「デヴィ夫人の超イケメン孫登場&結婚を誓った恋人と涙の別れ」とあった。こちらは、波乱の半生を知らないイマドキの視聴者に、生い立ちからインドネシア共和国のスカルノ元大統領の第三夫人になるまでをVTRや秘蔵写真と共に解説。タイトル通り、“1周回って知らない”デヴィ夫人がなぜ「夫人」と呼ばれているかが多くの視聴者に伝わった。さらに、ロンドンに住む一人娘カリナさんや孫のキラン君の元にカメラを出すという夫人に相応しい豪華企画だった。

関連記事

トピックス