国際情報

最新国際情報記事のRSS

中国からの輸入品が日本に運んでくる「殺人虫」の恐怖

2018.05.22 11:00

 安くて便利な中国製品をネットで購入。「安かろう、悪かろう」と覚悟していたが、家に届くとこんな「余計

 安くて便利な中国製品をネットで購入。「安かろう、悪かろう」と覚悟していたが、家に届くとこんな「余計なもの」まで付いてくるとしたら──。

 5月10日、大阪府八尾市の民家で、猛毒を持つ特定外来生物・ヒアリの女王アリの死骸が発見された。家電製品の段ボール箱を開封すると、内部に混入していたのだ。この製品が中国・広東省の工場で梱包されている。

「ビニールテープで密閉され、出荷過程で開けられていないにもかかわらずヒアリが混入していたため、中国から運ばれてきた可能性が高いという結論になりました」(環境省近畿地方環境事務所)

 ヒアリは昨年5月、広東省の南沙港から運ばれたコンテナ内で見つかって以来、同11月までに12都府県で計6500匹以上が確認されたが、一般家庭内で発見されたのはこれが初だった。

 ヒアリは気温が高まると活動を活発化させるため、環境省は今年の5月7日、中国からの定期コンテナ航路がある68港湾で水際作戦の開始を発表したばかりだ。

「ヒアリに刺され、体がアナフィラキシーショックを起こした場合、めまいや頭痛、呼吸喪失などを引き起こします。海外では死亡例も報告されています。私が現地調査した中国南部の広州では、5メートルおきにヒアリの巣がある地域もあり、観光客がいつ刺されてもおかしくない状態でした」(九州大学ヒアリ研究グループ代表で九州大学准教授の村上貴弘氏)

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP