• TOP
  • ライフ
  • 1万食を食した専門家が勧める「昔ながらのカレー」を出す4店

ライフ

2018.05.27 07:00  週刊ポスト

1万食を食した専門家が勧める「昔ながらのカレー」を出す4店

「カリヒオ」の全部のせカレー(撮影/小松 潤)

 日本人が愛してやまない国民食・カレー。ブログ「カレーですよ。」にて4700件以上の食べ歩き記事を掲載し、これまでに1万食以上のカレーを食したはぴい(飯塚敦)氏は「こういうカレーもあるのか!!という新しい味、そうそうこれだよ!!という王道の味。両方と出会える楽しみがカレー探訪にはあります」と語る。

 はぴい氏が熱く語るのは、「昔ながらのカレーライスの魅力」だ。

「定期的に無性に食べたくなるのは、どろっとして味が濃くてご飯によく合う王道スタイルのカレー。以下に掲げる4店は、一見新味はないですが素材や調理法へのこだわりが凄い。こういう店にはずっと味を守り続けてほしい」

 そのはぴい氏が勧める、東京にある王道スタイルのカレー店4店を紹介しよう。

●カレーライス カリヒオ(幡ヶ谷)

 銀座の老舗インド料理店「ナイルレストラン」のG・M・ナイル氏にカレーづくりの基礎を教わった店主が編み出したオリジナルカレーを提供。新鮮で良質なスパイスを使い、牛すじと野菜のダブルスープにりんごやバナナを加えて仕上げたカレーは、濃厚な味わいと香り、辛さが融合する。

 店主一押しの「全部のせカレー」には、角煮ポーク、ソーセージ、チーズ、温泉卵、4種の野菜、さらにキーマカレーがのり、楽しみが満載。サラダの特製ドレッシングも人気で、土産として買う客も多い。

・住所:東京都渋谷区幡ヶ谷2-48-7
・営業時間:11時半~14時、17時半~22時(完売次第終了)
・定休日:月曜日

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス