• TOP
  • スポーツ
  • 大谷翔平が“活躍しすぎ”で困った日米の意外な人々

スポーツ

2018.05.28 07:00  週刊ポスト

大谷翔平が“活躍しすぎ”で困った日米の意外な人々

活躍の思わぬ余波とは(AFP=時事)

「まるでアストロズのジャスティン・バーランダーのようだ」──投げてはメジャー最強投手に喩えられ、そのバーランダーが打ち取るために研究を尽くしたというエンゼルス・大谷翔平(23)。“二刀流”の切れ味は増すばかりだ。

 だが、ここにきて大谷の“活躍しすぎ”が思わぬ影響を生み出している。連日、大谷の出場した試合の模様を放送しているテレビ局が視聴率を取れずに苦しんでいるというのだ。民放キー局のディレクターが明かす。

「大谷の試合は、時差の関係で日本時間の未明から早朝に行なわれています。そのため、当初は『朝の情報番組で大谷の特集を組めば“数字”が取れる』と考えていた。しかし、蓋を開けてみれば、同時刻に放送されるNHK BSの中継に視聴者が流れてしまったのです」

 情報番組が“今、大谷が登板中です!”と取り上げるほどチャンネルが変えられ、NHKの“番宣”になってしまうのだから皮肉な話だ。

 レギュラーシーズンだけでなく、ポストシーズンやワールドシリーズに進出しても問題は変わらない。

「数字が取れるチャンスは11月に4年ぶりに日本で開催される日米野球までおあずけかもしれない。各局がその放送枠獲得を目指して動き出している」(同前)

関連記事

トピックス