• TOP
  • 国内
  • 勝間和代、女性パートナーの存在を明かすまでの葛藤と準備

国内

2018.05.31 16:00  女性セブン

勝間和代、女性パートナーの存在を明かすまでの葛藤と準備

カミングアウトを決意した理由とは?

 女性パートナーと同棲を始めたことを告白した経済評論家の勝間和代さん(49才)。お相手は増原裕子さん(40才)。レズビアンであることを公表し、2013年3月には元タカラジェンヌの東小雪さん(33才)と東京ディズニーシーで同性結婚式を挙げた。2015年に東京都渋谷区が同性カップルを「結婚に相当する関係」と認める「パートナーシップ証明書」の交付を始めた際、その第1号となった女性である。

 増原さんは昨年12月に「離婚」。勝間さんは今年1月に自分の気持を打ち明け、交際がスタートしたという。そんな勝間さんと増原さんのふたりに話を聞いた。

 これまでに2度の離婚を経験し、大学生の時に出産した長女をはじめ3人の娘の母でもある勝間さん。歯に衣着せぬ言動から何も恐れるものがないように見えるかもしれないが、増原さんとの恋についてはなかなか世間に公表できなかった。公表後、勝間さんはツイッターに《人生で最大の勇気が必要でした》と綴った。そして勝間さんはこう語る。

「カミングアウトをして活動する増原さんと違って私は“慣れていない”ので、公にしたら何が起こるかわからないと不安でした。離婚後も男性と食事に行ったりしたらSNSに写真を上げるなど、自分の男女交際についてはオープンにしてきたつもりです。それでもやはり、LGBTのカミングアウトには勇気がいりました。私自身のことを考えても、自分の中に無意識的な規範意識があって、同性を好きになる気持ちにフタをしてきたと思います。偏見や差別は、残念ながら今もあるんです」

 そんな勝間さんを優しく見つめながら増原さんが言う。

「やっぱり世代もあると思います。少しずつLGBTが認知されるようにはなっていますが、勝間さんは49才ですよね。40才の私でさえ相当苦しんだのに、それ以上に自分の気持ちにフタをしたり、周囲の目を気にしなければいけなかったんだと思います」

 勝間さんは家族以外の人には交際についてほとんど口外しなかった。SNSにツーショットやお互いの写真をアップしないことはもちろん、自宅に勝間さんの知人が来る時は増原さんがそっと身を隠した。なぜカミングアウトを決意したのか。

関連記事

トピックス