• TOP
  • 芸能
  • 朝ドラ『半分、青い。』 神回は月曜日にもってくる

芸能

2018.06.30 07:00  女性セブン

朝ドラ『半分、青い。』 神回は月曜日にもってくる

神回は月曜日?(ドラマHPより)

 NHK連続テレビ小説『半分、青い。』が好調だ。岐阜県・梟(ふくろう)町という架空の町で1971年に生まれた楡野鈴愛(永野芽郁・18才)が、左耳の聴力を失うも、漫画家を志すために上京し、奮闘する姿を描く。6月19日の放送回では、過去最高の視聴率23.2%を記録した。

 数々の恋愛ドラマを手掛けてきた脚本家・北川悦吏子の作品だけに、鈴愛と幼なじみの律(佐藤健・29才)や、上京して出会ったマアくんこと朝井正人(中村倫也・31才)との関係性も見どころの1つ。鈴愛からの告白を断り、引っ越してしまい出演がなくなったマアくんを惜しむ、“マアくんロス”現象も起こった。

 制作統括の勝田夏子さんは、2005年の朝ドラ『風のハルカ』で中村と出会ったが、「ここまで話題になるとは」と驚きの表情を見せた。

「北川さんが中村さんの雰囲気を見て、あて書きをしたことに中村さんがしっかりと演技力で応えて、マアくんロスを生んだんでしょうね」

 恋愛以外にも、鈴愛の漫画家としての葛藤や、岐阜の家族との絆など注目ポイントが盛りだくさんの『半分、青い。』。その裏エピソードを集めました!

◆北川悦吏子は神回を月曜日にもってくる

 北川が自身のツイッターで、「神回」「私の中のマックス」と予告していたのが6月11日の放送回。鈴愛と律が喫茶「おもかげ」で別れ話をする内容だった。もう1つ北川が「神回」として書いたというのが、6月25日の放送で、ひさびさに鈴愛と律が岐阜で再会し、律がプロポーズをするシーン。奇しくも2回とも月曜日の放送だ。

「北川さんのドラマは、週の最初にピークがあり、真ん中でステージが突然変わるので、見ているかたにとっては、“これって本当に同じ番組なのかな”という衝撃があるかもしれません。時間をあざやかに飛ばして、なぜこうなったのか徐々に明かしていく作劇も魅力なんです」(勝田さん)

 次回の神回も月曜日にあるかもしれない!

◆方言指導の先生は先生役の俳優さん!?

 鈴愛や律に、岐阜ことばを指導している岐阜県・土岐市出身の尾関伸次(38才)は、本作に鈴愛たちが通う高校の担任、山田先生としても出演している俳優だ。

「俳優を始めた頃に、『天花』(2004年)という朝ドラで勝田さんとお仕事をしたのがきっかけで、今回もお声がけいただきました。まさか俳優業だけではなく、方言指導もやるとは思っていなくて、びっくりしましたね。地元を離れて15年経つので、私が教えた方言がおかしかったらどうしようという不安要素は大いにありましたね。敬語だと方言のニュアンスが出にくいので、芽郁ちゃんとは普段の会話でもタメ口で話そうというルールを徹底しました」(尾関)

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス