• TOP
  • ライフ
  • 【与那原恵氏書評】「古代文字解読」という最高の趣味

ライフ

2018.07.01 16:00  週刊ポスト

【与那原恵氏書評】「古代文字解読」という最高の趣味

『図説古代文字入門』大城道則・編著

【書評】『図説古代文字入門』大城道則・編著/河出書房新社/1800円+税
【評者】与那原恵(ノンフィクションライター)

 エジプトのスエズ湾近くで世界最古のパピルスが発見されたのは二〇一三年である。解読が進められ、約四五〇〇年前のピラミッド建築の労働の様子などが記録されていることが明らかになった。

 このニュースを知って、文字というのはすごいなと感心したが、本書は豊かな「古代文字」の世界へと誘ってくれる。初めて知ることばかりで、ワクワクしながら読んだ。豊富な図説もあり、眺めているだけでも楽しいのだが、古代文字を実際に読んでみるための解説がとても丁寧で、ナルホド! と何度も膝を打った。そして何より、古代文字解読に情熱を傾ける人たちと、その歴史を知ったことが大きな収穫だった。

 よく知られる古代エジプトのヒエログリフ。紀元前三〇〇〇年ごろ、筆記システム(書き言葉)が十分に確立されていたのだが、四世紀を境に忘れ去られてしまった。その解読の契機は十七世紀にさかのぼるが、一七九九年のナポレオン軍によるロゼッタ・ストーン(三種の文字で書かれていた)の発見により、新たな局面を迎え、研究が進展していった。

 古代メソポタミアの楔形文字、古代スーダンのメロエ文字、マヤ文明のマヤ文字……。どれも遠い過去の生活ぶりをいきいきと語っている。中国の甲骨文は漢字の祖形の一つであると知れば、ぐっと身近に感じられる。

関連記事

トピックス