• TOP
  • ライフ
  • 宗教学者・山折哲雄が選ぶ「日本人の死生観を考える7作」

ライフ

2018.07.27 07:00  SAPIO

宗教学者・山折哲雄が選ぶ「日本人の死生観を考える7作」

 同時に、この国がいわば縄文時代以来の災害列島であったことを思うとき、さきの『方丈記』の記述があますところなく描いているようにその風土的特質が日本列島人の人生観に甚大な影響を与えていることを知るのであり、そのことを科学的に明らかにしたのが物理学者の寺田寅彦だった。その点でかれがこの世を去る昭和10年に発表した「日本人の自然観」【6】という論文はやはり逸することができない。日本列島は西ヨーロッパとは違い、地震などの天災をはじめ自然がきわめて不安定で、そのため仏教の伝来するはるか以前から「天然の無常」という感覚を身につけていたといっている。科学的な観察と宗教的な洞察が表裏一体になっているところが並みの科学者とは質を異にしているといっていい。

 もう一つ寺田の論文とともに挙げたいのが倫理学者、和辻哲郎の『風土』【7】である。寺田寅彦が「地震」という現象を通して日本人の人生観に迫ったとすれば、和辻哲郎は「台風」という現象を通して同じ問題に鍬を入れようとした。よく知られた和辻の表現に「しめやかな激情」「戦闘的な恬淡」というのがあるが、そのいい方の中にも死と無常を内包する人生観をうかがうことができるだろう。

 最後に拙著『わたしが死について語るなら』(ポプラ新書)を挙げておこう。上に挙げた本や宮沢賢治の詩などの内容を説明しながら、私自身の人生観を小学生にもわかるように語ったものである。

【プロフィール】やまおり・てつお/1931年サンフランシスコ生まれ。東北大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。国際日本文化研究センター、国立歴史民俗博物館、総合研究大学院大学名誉教授。和辻哲郎文化賞、南方熊楠賞など受賞歴多数。著書多数、近著に『山折哲雄の新・四国遍路』(PHP新書)。

※SAPIO 2018年7・8月号

関連記事

トピックス