• TOP
  • 国内
  • 脚本家・早坂暁さんが遺した1000文字に込めた平和への祈り

国内

2018.08.26 16:00  女性セブン

脚本家・早坂暁さんが遺した1000文字に込めた平和への祈り

『これが最後の手紙だと思いますと、とても残念です』と追悼の手紙を書く生徒たちもあまりにも急な事態に、驚きを隠せなかった。

 直接会うことはかなわなかったが、由起子さんは今年2月、松山を訪ね、夫に代わり生徒たちと対面を果たした。

「生徒の皆さんからの質問に答えたり、早坂が好きだった金子みすゞさんの詩『蜂と神さま』の話をしたりと、素敵な時間でした。ここ北条はとても夕陽がきれいなところだけれど、このきれいな夕陽や、今ある環境を当たり前と思ってはいけない、一日一日を大切に生きていってほしいと伝えました」(由起子さん)

 北条北中学の渡部真美子さん(14才)は、早坂さんの言葉が将来を照らす光になった。

「中学生になってから、命って何だろうとか、生きるとはどういうことなのか、とかモヤモヤして悩むようになりました。考えすぎるあまり、時には死にたいとすら思うこともあった。でも『人は人と結びあい、触れ合わなくては生きていけない生き物です』という言葉が心に突き刺さって、モヤモヤが晴れた。これまでは将来のことなんて考えたこともなかったけれど、今では早坂さんのように、人の心に残るような文章を書く仕事をしたいと思っています」

『あなたたちに伝えたいこと』
早坂暁

 あなたたちは、自分がどのようにして生まれてきたと思いますか?もちろん、お父さんとお母さんがいないと生まれてきません。
 いや、うちはお母さんだけだよ、お父さんだけなんだ、という人もいるかもしれません。
 でもあなたたちがお母さんのおなかに宿ったときは、一人ではなかったはずです。

 お父さん、お母さんにはその両親がいて、それはあなたたちのおじいさんやおばあさんだけど、そのまたおじいさん、おばあさん…。
 その数は五代前までさかのぼると、単純計算で約六十人、十代前だと何と約二千人になります。
 その一人でも欠けたら、今あなたたちはここに存在していません。

 つまり、あなたたちが生まれたのには、大きな大きな意味があるのです。
 あなたたちは、誰もがすべて、かけがえのないひとりひとりなのです。

 そして、あなたたちは、自分の名前について聞いたことがありますか?
 自分の名前にどういう意味があるのか、どういう気持で名付けられたのかを知るのは、とても大切なことです。もし、まだ知らない人がいたら、今日帰っておうちで聞いてみて下さい。
 ちなみに僕の名前(富田祥資=よしすけ)は、四国遍路をしていたお坊さんに付けて貰いました。
 僕(早坂)は、生まれたときにとても体が弱く、お医者さんから十才までは生きられないだろうと言われました。

関連記事

トピックス