• TOP
  • 芸能
  • 『義母と娘のブルース』 流れの妙と『家政婦のミタ』との共通点

芸能

2018.09.05 07:00  女性セブン

『義母と娘のブルース』 流れの妙と『家政婦のミタ』との共通点

「ぎぼむす」に『家政婦のミタ』との共通点が?(ドラマHPより)

 ドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)が人気だ。原作は桜沢鈴の同名4コマ漫画で、「笑える」が常である4コマ漫画の常識を覆し、「涙が止まらない」と評判だった。

 小学3年生のみゆき(横溝菜帆・10才)は父の良一(竹野内豊・47才)から新しいママとして、誰よりも仕事ができるキャリアウーマン、亜希子(綾瀬はるか・33才)を紹介される。

 最初は亜希子に拒否を示していたみゆきも、少しずつ心を開き3人は家族となっていく。しかし、亜希子と良一の結婚は契約結婚。スキルス性胃がんを患った良一が、この人になら娘を任せられるとプロポーズをしたのだった。さまざまなトラブルを乗り越えるうちに良一と亜希子は心を通わせるが、ほどなくして良一は他界する。

 ストーリーの魅力もさることながら、“人生訓”となるせりふが満載の本作。説教くささは感じず、ためになると評判だ。

 ポイントは、ロボットのように純粋で実直で打算のない綾瀬はるかの演技にある。テレビ評論家の吉田潮さんは話す。

「義母が実子ではない娘を育てるという設定だと、湿っぽくなりがちですが、キャリアウーマンでロボットみたいなヒロインだからどこか面白く、母は清く正しく美しくあれというメッセージのドラマにならない」

 ドラマに詳しいライターの西森路代さんは、竹野内豊演じる夫・良一のキャラクターもお説教ドラマにさせないポイントだと語る。

「亜希子がときおりビジネスルールにとらわれすぎて暴走しそうになるところがあるのですが、そんなときには、良一がやんわりと彼女をなだめるんです。そのときの柔らかい竹野内さんの演技が人間的で、亜希子とはまた違っていていいんですよね」

 本作の脚本は森下佳子さん。

『JIN-仁-』(2009年・TBS系)、『ごちそうさん』(2013年・NHK)、『おんな城主 直虎』(2017年・NHK)など、数々のヒットドラマを生み出してきた。

 吉田さんは森下さんの脚本に太鼓判を押す。

「オチのある4コマ漫画のエピソードを違和感なくドラマにはめ込むのには苦労したと思います。流れの妙はさすがです」

 テンポよく入るクスッと笑えるシーンは4コマ漫画ならでは。笑えるシーンが要所に盛り込まれているからこそ、格言が際立つという構図にもなっている。

 西森さんは森下さんの恩師ともいえる遊川和彦さん脚本のドラマの『家政婦のミタ』(2011年・日本テレビ系)との共通点についてこう話す。

「『ミタ』のヒロインもデフォルメされたキャラクターでした。キャラで引きつけ、せりふやストーリーできちんと見せる。両方ができているドラマは視聴率もよくなる傾向があります」

※女性セブン2018年9月13日号

関連記事

トピックス