• TOP
  • 国内
  • 小泉純一郎氏、とにかく女の話しかできないと先輩が評す

国内

2018.09.20 07:00  週刊ポスト

小泉純一郎氏、とにかく女の話しかできないと先輩が評す

元参議院議員の平野貞夫氏(82)

 元参議院議員(自民党)の村上正邦氏(86)、元参議院議員(民主党など)の平野貞夫氏(82)、元参議院議員(共産党)の筆坂秀世氏(70)によって結成された合計238歳の「老人党」。その座談会から、ちっとも盛り上がらない自民党総裁選ではなく、テレビで大人気の小泉進次郎衆議院議員と、その父について語り合った部分をお届けする。

筆坂:いまや総裁選より小泉進次郎のほうが、ワイドショーでは注目だよ。

村上:私は大して買ってない。お父さんの威光をかざしているけど、そもそもその親父が大した男じゃないんですよ。森(喜朗)が総理になったとき、私は小泉(純一郎)に「お前が清和会の留守を預かるんだから、他の派閥の長に挨拶に行け」と連れて行ったんだよ。だけど、他の長に会わせても、彼は女の話しかできないから、話が続かない。政治の話ができないんだよ。そのくせ、大衆に訴えるのはうまい。進次郎もそれと似ている。

平野:ただね、進次郎さんはまだ30代で、今結論を出すのは早すぎると思う。

村上:それはそうだ。

筆坂:彼は一種のスターで、タレントみたいなもの。あそこまで目立つと悪いことできないですよ。国民から常に監視されているんです。そういう政治家も大事。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス