• TOP
  • 芸能
  • ラッシャー板前、三浦知良との「一つ屋根の下」生活で強くなった

芸能

2018.10.16 07:00  女性セブン

ラッシャー板前、三浦知良との「一つ屋根の下」生活で強くなった

意外な人物との同居経験を語るラッシャー板前

 ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系・今年4~6月期に放送)で描かれた、男性同士の同居生活。実は、こうした同居生活を選ぶ芸能人や芸人は少なくない。

 芥川賞作家でもあるピースの又吉直樹(38才)は、芸人仲間2人とルームシェア。シェアメイトは、パンサーの向井慧(32才)とサルゴリラの児玉智洋(38才)だ。『アメトーーク!』(テレビ朝日系)では、向井から又吉のこんな素顔が明かされた。

「(又吉は)愛が深いから気味悪いところまでいっちゃう。ぼくが仕事でうまくいかなくて落ち込んでる時に『カレーがストレスにいいと聞きました。カレーを買って帰ります』って連絡が来たりするんです」

 流した浮名は数知れずなモテ男、チュートリアルの徳井義実(43)は、スピードワゴンの小沢一敬(45)と同居中。前出『アメトーーク!』では、酔っ払った徳井が、小沢のベッドに入ってくる“おっさんずラブ”の様子が明らかに。

「『え~い、オザ~』って。でも『やだやだ、まだ(自分が)お風呂に入ってない(からくっつかないで)』って言うの」と徳井。小沢は「ほんのりいい香りがした」と悔しがっていた。

 人気急上昇中の女性芸人、ガンバレルーヤのよしこ(27)は、相方のまひる(25)と同居中。まひるは、よしこが嫌な顔ひとつせずになんでも許してくれることに甘えていた矢先、お風呂場からよしこの「クソがぁ!」という狂気に満ちた声が聞こえてきたという恐ろしい体験を明かしている。

 こうしてみると同居芸能人は人気者ばかり。

 ビートたけし(71才)、ダンカン(59才)、そのまんま東(61才)などと同居経験のある、同居のプロ・ラッシャー板前(55)が意外な人物とのエピソードを語る。

「カズさん(三浦知良)と一つ屋根の下だったこともありますよ。彼が19~20才で、まだ有名じゃなかったときです。たぬきそばとカツ丼を分け合って食べたりしていましたね。 同居のよさは気遣いが染みつくこと。率先してお酒を作るようになるし、冷房の温度は妥協するようになるし、聞かれたくない電話は聞かないふりができるようになるし、人との距離が上手になりますよね。それは、社会でも生かせるスキルです」

 同時に、こんな魅力も語る。

「自分が失敗した時に、励ましてくれることが何よりも心強い。ひとりだったら挑戦できなかったことも“失敗しても帰ったらみんながいるからやってみよう”と思えたことが当時の自分を強くしましたね」(ラッシャー)

 みんなの同居エピソード、思わずほっこりしちゃいます。

※女性セブン2018年10月25日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス