• TOP
  • スポーツ
  • 根尾昂にドラフト直前インタビュー「プロで25年やりたい」

スポーツ

2018.10.20 07:00  NEWSポストセブン

根尾昂にドラフト直前インタビュー「プロで25年やりたい」

──ウエイトトレーニングはかなりやりますか?

根尾:夏の大会中でもやっていましたし、今でもずっとやっています。やっぱり筋肉が落ちてしまうと、動けなくなり、パワーも落ちるのでそこは続けています。今後も弱い部分は強くしていきたいと思っています。

──いま、肉体改造をしたい部分は?

根尾:下半身です。下半身を使ってバッティングをしますし、ピッチングも守備も、全部下半身が大切なので、やっぱり実践を積んでいくと、どうしても重心がどんどん上に来てしまうので、もう一回基本じゃないですが、元々腰から下、足にも負担がきやすい体だと思っているので、そこをもう一回鍛え直すために、もう一つ二つ上のレベルにいけるように、スクワットやったり、ジャンプ系のウェストメニューをやっています。

──プレーを見ていると、常に冷静な感じがしますが、何か心掛けていることがあるのでしょうか。

根尾:なるべく視野を広く、特にショートをやる時は打者だけに集中してもいけないですし、逆に周りを見過ぎてもいけないので、ある程度の散漫ではないですが、集中させ過ぎないことに気を付けています。例えば、練習前に「黙想」することで、練習前と練習中をしっかり分けるというか、一回何も考えない時間を作るように心がけています。

──適応能力、観察力、分析力の中では、何が1番秀でてると思いますか?

根尾:観察力です。データをとってくれている選手がいたので、それを頭に入れて、相手を観察するようにしていました。

──大阪大会でも甲子園の決勝でも、野球に取り組む気持ちは一緒?

根尾:常にマックスです。甲子園だったら相手も強くなりますし、どんどん勝ちにくく、負けやすくなってくるトーナメントだと思っています。1試合負けてしまったら、次はないので、常に同じつもりで戦っています。

──大阪桐蔭で1番学んだことは?

根尾:経験というか、試合を想定した練習もしますし、公式戦も勝っていけばいくほど、経験も積んでいけるので、「勝って勉強する」というのを1番学べました。勝っていれば、失敗しても次に活かせるので、1試合1試合成長していける。そのために必要なことはやっぱり経験ということを学びました。

──高校野球が終わった今は何をしている時が1番楽しいですか?

根尾:いまも練習です。練習が終わった後のお風呂とかですかね(笑)。

──先輩や同級生から、「根尾さん」って呼ばれるようになったのはいつ?

根尾:同級生は最初からです。先輩から呼ばれるのは違和感ありありでした(笑)。

──自分のキャラクターを漢字で表すと?

根尾:性格は、「頑固」だと思いますが、漢字ですか……。考えたことないので、思い浮かびません(笑)。

──寮生活は好き?

根尾:好きだと思ってます。家よりも野球に集中できる環境です。部屋割りは学年ごとで、いま3年生の寮生が8人なので二部屋の4人部屋です。1、2年生の時は3人部屋とかが、7つくらいありました。

関連記事

トピックス