ビジネス

最新ビジネス記事のRSS

サイバーエージェント藤田晋氏、麻雀で培った判断力や競争力

2018.11.07 07:00

 福井県出身の藤田晋氏(45才)は1998年にサイバーエージェントを設立。2000年に当時史上最年少

 福井県出身の藤田晋氏(45才)は1998年にサイバーエージェントを設立。2000年に当時史上最年少となる26才で東証マザーズ上場を果たした。

 2000年代といえば、ITバブルのまっただ中。藤田氏は、ライブドアの堀江貴文氏(46才)、ピーチ・ジョンの野口美佳氏(53才)、村上ファンドの村上世彰氏(59才)らと共に、「ヒルズ族」としてもてはやされた。

 なかでもルックスのいい藤田氏は一躍時代の寵児となり、2005年に自社(子会社)から刊行した自著『渋谷ではたらく社長の告白』はベストセラーになった。

「同じIT関係のヒルズ族では楽天の三木谷浩史さんと仲がよく、今でもビジネス上で互いにサポートし合っています。三木谷さんが経団連を脱退して新しい新経済連盟を作った際は、真っ先に藤田さんが行動を共にしました」(ビジネス誌記者)

 2004年に藤田氏は当時大人気だった女優・奥菜恵(39才)と結婚。“IT社長と人気女優”というカップルは、現在の前澤友作氏(42才)と剛力彩芽(26才)の先駆けといえる。もっとも、その後、藤田氏は離婚しているが…。

 注目すべきは、ITバブル崩壊後、IT系企業が軒並み業績を落とすなか、サイバーエージェントはしっかり生き残ったことだ。その秘訣について藤田氏は、「麻雀を通じてビジネスを学んだ」と明かしている。

「藤田さんの麻雀好きは有名で、プロ雀士と合宿をするほど。自ら発足させたAbema TVでもしばしば麻雀番組に出演して『本当に社長業をしているのか?』と囁かれている(笑い)。 藤田さん曰く、麻雀を通じて『冷静で素早い状況判断力』や『忍耐力』、『他人と競争する力』などが身についたそうです。彼にとってはビジネスも麻雀も同じなんです」(前出・ビジネス誌記者)

 ひと昔前なら麻雀は「娯楽」とされたが、新富裕層は「公私混同」が当然なのだとか。

 富裕層に詳しいLUFTメディアコミュニケーション取締役の小林昇太郎さんはこう語る。

「藤田さんや前澤(友作)さんを見てわかるように、今のお金持ちは仕事とプライベートを分けません。楽しみと仕事を一致させる時代になりました」

【Profile】
藤田晋(ふじた・すすむ)/株式会社サイバーエージェント代表取締役社長。1973年福井県生まれ。青山学院大学経営学部を卒業、株式会社インテリジェンスに入社し、営業を担当。1998年に株式会社サイバーエージェントを設立し、代表取締役社長に就任。本邸は六本木のホテル。相模湾が一望できる横須賀湾岸沿いにも別宅があり、軽井沢にも別荘を所有。2004年に女優の奥菜恵と結婚するも、離婚。2009年に元秘書の女性と再婚し、1人の息子がいる。

※女性セブン2018年11月15日号

本文を読む


マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP