• TOP
  • ライフ
  • 「東京・そばの名店」3選 香り高い「秋新」を楽しめる

ライフ

2018.11.10 07:00  週刊ポスト

「東京・そばの名店」3選 香り高い「秋新」を楽しめる

手碾せいろ(1296円)

●『一東菴』(東十条)
 遠方からもそば好きが押し寄せる注目店。その理由は、玄そばの産地や品種、その時期の状態に応じて挽き方や打ち方を変え、そばの個性を最大限引き出す店主の腕とこだわりにある。

 店主自ら畑に足を運んで確かめた契約農家から仕入れる玄そばは10種類以上で、手刈り天日干しなど希少なそばの実も確保。毎日、産地の異なる「産地そば」を2種類、二八そばと石臼手碾きそば各1種類を打つ。店内にはその日に供される玄そばを、産地・品種を記した札とともに展示。新たなそばとの出合いを楽しみに出かけたい。秋の新そばは、11月初旬から千葉県産、埼玉県産、茨城県産などを提供予定。

・住所:東京都北区東十条2-16-10
・営業時間:昼の部は平日11時45分~14時(L.O.)、祝日12時~15時(L.O.)/夜の部は木・金・土のみ18時~20時(L.O.) ※売り切れ次第終了、夜は予約可
・定休日:日曜日・月曜日 ※臨時休業あり

◆撮影/河野公俊 取材・文/城川佳子

※週刊ポスト2018年11月16日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス