• TOP
  • 芸能
  • 貴乃花の日テレ『スッキリ』離婚独白、テレ朝は激怒

芸能

2018.11.30 07:00  女性セブン

貴乃花の日テレ『スッキリ』離婚独白、テレ朝は激怒

1995年6月、花田家が日本一幸せだった頃

 離婚を発表した元貴乃花親方(46才)と花田景子さん(54才)。2人はいつからすれ違ってしまったのか──。

 1995年5月に結婚した2人はその後、3人の子宝に恵まれた。実兄の若乃花(47才・現在の花田虎上氏)はその前年に当時日本航空のCAで読者モデルだった美恵子さん(49才)と結婚。兄弟で横綱となり、そろって美人妻をもらったとあり、花田家は“日本一幸せな家族”とまでいわれた。

 だが、その幸せは長くは続かなかった。1998年9月、貴乃花が突如、「若乃花の相撲には基本がない。もう若乃花と話す必要はない」と痛烈に批判した。兄弟横綱の突然の反目。この発言がきっかけとなり、新聞、雑誌、ワイドショーを巻き込んでの一大騒動に発展。

「これは当時の貴乃花が通っていた整体師による影響だといわれていました。この騒動をさらに大きくしたのが、父親の故・二子山親方です。メディアの取材を受けた親方は“貴乃花は洗脳されている”と断じたことで報道はさらに過熱した。なぜ親方がこんなことを話したのか。彼の中では貴乃花は“将来、相撲協会の理事長になる器であり、親方になってからよりも現役時代に膿を出し切りたい”という思いがあったからです。しかし、これがきっかけで、母親の紀子さん、虎上さんとは現在に至るまで関係が修復されていません」(スポーツ紙記者)

 母の不倫騒動、両親の離婚と虎上氏の離婚。花田家は常にスキャンダルの渦中にあった。そんな時にも陰で支えてきたのが、景子さんだった。

「洗脳騒動の渦中、景子さんは横綱のそばに寄り添い、サポートし続けていました。引退後、女将さんとなった景子さんは3人の子育てを一手に引き受け、部屋も切り盛りしていた。彼女ががんばれたのは、かつての二子山親方と同じく、夫に対して夢を見ていたからです。理事長という夢を。景子さんも“いつかは理事長夫人に”という思いがあったからこそ、これまで走ってこられたのです」(景子さんの知人)

 貴乃花との離婚を受け入れて、景子さんは今は前向きだという。

「つい先日会った時には新しいビジネスやテレビの仕事について熱く語っていました。引きずっている様子は見られませんでした」(前出・景子さんの知人)

◆なぜ愛弟子の優勝後に離婚を発表したのか

 気になるのは離婚の発表のタイミングだ。第一報を打ったのは11月26日放送の『news zero』。翌27日の『スッキリ』(共に日本テレビ系)には貴乃花が単独出演し、離婚について語った。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス