• TOP
  • 国内
  • 変容する火葬場 高い煙突は消え、寂しい印象は過去のもの

国内

2018.12.07 11:00  女性セブン

変容する火葬場 高い煙突は消え、寂しい印象は過去のもの

 高速の高架下を迂回し、「川口市めぐりの森」の正面入り口に着いた。波打つ屋根の正面側は白く、それを支える柱も同じく白でやわらかな曲線を描き、朝顔を横から見たようなフォルムである。建物の中に入ると、白い天井にダークブラウンの壁。洗練された空間が広がっている。

 厚生労働省の衛生行政報告(2016年度)では、全国の火葬場の総数は、4181か所である。そのうち、「1年以内に稼働実績があり、恒常的に使用している火葬場」の数は1432。その差、2749は、同省行政報告統計室の担当者によると、役目を終えたが廃業届が出ていない施設だそうだ。「共同墓地等に“飾り”のように放置された火葬施設」が散見される可能性が高いらしい。

 戦後、火葬場の建設ラッシュが2度あったと、葬送ジャーナリストの碑文谷創さんは言う。1度目は1950~1960年代で、火葬率が60%を超えた。施設の耐久年である約30年を経て、2度目の建設ラッシュがやってきたのが1980~1990年代。その頃に、火葬率が90%を超えたという。

 それから、さらに30年が経とうとする近年、火葬率はほぼ100%となった。1980~1990年代に建てられた火葬場の老朽化と、都市部では「多死社会」の到来にともない、建て替えが盛んに行われているのである。NPO法人日本環境斎苑協会主任研究員の森山雄嗣さんの調査によると、2014年から2018年までの5年間に新築された火葬場が、全国に63か所を数える。

「高い煙突はとっくに消え、寂しいイメージはすっかり過去のものとなりました。経営主体の財政にもよりますが、コンクリート打ちっ放しなど、その時どきの建築の流行が火葬場にも反映され、建物のモダン化が進んでいます。また、指定管理者制度による運営の外部委託などによって、利用者目線が意識されるようになってきました」(碑文谷さん)

 待機日数が長期化している、遺骨の引き取りを拒否する人が増えている──。近頃、そんな報道がやたら目につく火葬場だが、一方で、ハード面、ソフト面とも変容してきているのである。

◆高い天井には間接照明

 川口市は人口約60万人を擁すが、これまで火葬施設がなかったから、「川口市めぐりの森」は新設されたものだ。火葬場は約2ヘクタールで、総工費は約56億円。

「供用開始に先立ち、市民内覧会を開くと、3000人以上がお越しになり、『やっと出来た』『火葬場のイメージが変わった』などという声を聞きました」と、川口市保健部保健総務課の加来竜馬さん。

 ここは、私がこれまで訪れてきた各地の火葬場とずいぶん違う。外観ばかりか館内も斬新だ。

 霊柩車で着いた棺は、エントランスで最新の電動棺台車に載せられ、スタッフによって「告別収骨室」へと運ばれる。

「ここです」と、加来さんに案内された「告別収骨室」は、天井が高く、40平方メートルほどあろうか。壁三方がダークブラウンの木目調、正面はトラバーチンという大理石仕様だ。

関連記事

トピックス