• TOP
  • 国内
  • 子供の学力、遺伝とともに母からの愛情で大きく変わるもの

国内

2018.12.18 16:00  女性セブン

子供の学力、遺伝とともに母からの愛情で大きく変わるもの

「人間が生まれ持った遺伝子が環境や生活習慣などによって変化することを『エピジェネティクス』と呼びます。遺伝子の変化を促す大きな要因となるのは幼少期の育て方で、お母さんが子供と長く接するほどよい影響が出やすい。

 たとえばうつ病になりやすい素質は親から子へ遺伝することがわかっていますが、仮に子供がうつ病になりやすい遺伝子を持っていても、母親が愛情深く接すれば、うつ病の発症率は低くなるとされます。子供がある遺伝的素質を持って生まれても、それが発現するかどうかは環境要因にも左右されるのです」

 子供の学力を測る主要なバロメーターは受験である。

「受験の神様」として知られ、何千組もの親子を合格へと導いてきた精神科医の和田秀樹さんは、これまでの経験を振り返り、特に受験における学力は遺伝と関係ないと断言する。

 大切なのは遺伝ではなく、情報収集能力だと言うのだ。

「学歴の高い親の子供がよい大学に合格できるのは、親が受験を経験していて受験テクニックに詳しいからです。たとえば子供が名門中学に合格したとして、親に偏差値の高い学校を目指した経験がない場合は、舞い上がって入学後の勉強を怠りがちですが、親が東大など有名校の出身であれば、自分の経験から『中1が勝負の時』と知っているから、入学後の子供にムチを打って勉強させます。

 こうした差がその後の進路に表れる。“東大出の子が東大生”という結果だけ見れば遺伝子次第に思えますが、実際にはただ勉強のやり方を知っているだけなのです」

 池田さんも、親の学歴が高いと子供の教育環境が整いやすいと指摘する。

「親が知的なタイプだと自宅には多くの本があり、子供は小さい頃から読書に慣れ親しみます。一方で親がテレビばかり見ている家庭では、子供の言語、思考の成長に差が出ることは明らかです」

 ポイントは単に親の学力が高いことではなく、愛情や受験技術まで含めたトータルの教育環境のようだ。確かに、母親の学力が高ければそれが子供に遺伝し、結果として子供の学力も高くなることはデータと研究に裏付けられた紛れもない真実だった。だが、その逆は成立しない。

 親が愛情を注いで接し、がんばったらほめる。そうすることで得意な能力をより伸ばすことができる。さらに、勉強に集中できる環境を整えてあげれば、子供は遺伝子に関係なく学力を伸ばす可能性は、存分にあるのだ。

「たとえよい遺伝子を持っていなくても、正しいやり方で勉強をがんばることができれば子供の学力は伸びるはずです。最も避けたいのは、“私に学力がないから何をしてもムダだ”と親がわが子の伸びしろを信じずにあきらめてしまうこと。そうした投げやりな態度こそが、子供の学力を決めてしまうのです」(和田さん)

 遺伝と学力の“不都合な真実”を知ったその日が、わが子の教育の“真のスタート”なのかもしれない。

※女性セブン2019年1月1日号

関連記事

トピックス