• TOP
  • 芸能
  • 高須院長 防衛力整備を評価「日本は正しい方向に進んでる」

芸能

2018.12.23 07:00  NEWSポストセブン

高須院長 防衛力整備を評価「日本は正しい方向に進んでる」

中国との関係について高須院長が提言

 美容整形外科「高須クリニック」の高須克弥院長が世の中の様々な話題に、思いのままに提言をしていくシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、昨今の中国の脅威についてうかがいました。

 * * *
──日本政府は、新たな防衛力整備の指針となる「防衛計画の大綱」を閣議決定しました。

高須:早速、中国が反発しているようだけど、それだけ中国が嫌がるということは、それなりに意味があるということだ。指針を決めただけで、効果が発揮されるんだから、素晴らしい決定だったんじゃないかな。

──中国としては、日中の対立を煽っているという言い分ですね。「いずも」の空母化が、太平洋における中国への牽制にあたるということです。

高須:中国は煽っていると主張しているけど、果たして本当にそうなのか? 日本はあくまでも防衛力を整備しているだけであって、攻撃なんかしていないんだよ。むしろ、日本の領海に入ってこようとしているのはどっちなんだっていう話。中国が怪しげな動きをしてくるから、それに対する防衛力として空母が必要なんだよ。尖閣周辺でなにかがあったとき、基地から飛行機を飛ばしていたら間に合わないからね。まあ、もちろん中国もそんなことは重々承知の上で文句を言っているわけだから、付き合う必要もない。日本は、ただただ正しいことをすればいいだけだ。

 日本国内では防衛力整備に対するアレルギーのようなものもあるから、批判的な意見が出てくるのも仕方ないことなんだろう。ただ、相手はいろいろなところで人権を蹂躙している中国なんだよ。甘っちょろいことをしていては、本当にやられてしまう。もっと真剣に防衛のことを考える必要があるんだよ。

──中国の人権蹂躙ということでは、中国政府によるウイグル人弾圧がしばしば報じられています。

高須:100万人ものウイグル人が収容キャンプに送られているというんだよ。これは相当にひどい話だ。中国がやっている非人道的な行為については、もっと知られるべきだし、糾弾されるべき。日本は、そんな中国としっかり向き合おうと防衛力を強めているんだから、これは正しい方向に進んでいるということなんだよ。中国に対して優しい態度をとるということは、中国の人権蹂躙を見逃すことに等しいと思う。そんなことは絶対に許されない。

関連記事

トピックス