• TOP
  • 芸能
  • 嵐・松本潤「ジャニーズは学び舎というより“ベース”に近い」

芸能

2018.12.31 16:00  女性セブン

嵐・松本潤「ジャニーズは学び舎というより“ベース”に近い」

嵐・松本潤に20の質問

 平成真っ只中の1999年にデビューして以来、時代の移り変わりを目の当たりにしながら、常に“時代の寵児”として君臨し続けてきた嵐。20年間で変わったことや変わらないこと、新時代へ向けての思いなど20の質問に松本潤(35才)が答えた。

Q1.“時代が変わる”と実感するのはどんな時?
「東京にオリンピックがくると聞いた時はわくわくしたし、今もその最中」

Q2.平成といえば何を連想する?
「やっぱりジャンプ(Hey!Say! JUMP)だよね(笑い)」

Q3.平成で一番楽しかった仕事は?
「今。20周年のツアー、スゲー楽しいっす」

Q4.平成で一番大変だった仕事は?
「デビュー当時かな。Jr.時代と違うスケジュールで、慣れるまでは大変だった」

Q5.平成でやり残したことは?
「ない」

Q6.平成最後の日にやりたいこと、食べたいものは?
「テレビ見るんじゃない? 食べるなら…少し最近の食べ物にしよう、タピオカ(笑い)!」

Q7.20年間で自分やメンバーが変わったなと思うことは?
「根本的な性格とかは変わってないけど、みんな10代だったのが30代だからね~。顔つきも表情も違うんじゃない」

Q8.20年間で世の中が変わったなと思うことは?
「建物。地元でも大きな商業ビルができてて、あ~って思う」

Q9.20年間で変わっていないと思うことは?
「人の思い。ツールは変わっても、人の感情自体は変わらないでしょ」

Q10.嵐の中でこれからも変わらないと思うことは?
「5人であるということ」

Q11.あなたにとって“ジャニーズ”とは?
「仕事をする上でも、大人になる上でもここで学んだことは多い。学び舎というより “ベース”に近い」

Q12.あなたにとって“嵐”とは?
「嵐は嵐でしかなくて、どの言葉でも形容できない」

Q13.あなたにとって“大野智”とは?
「いつ何時でも変わらない、落ち着く人です」

Q14.あなたにとって“相葉雅紀”とは?
「熱、かな。温度を上げる人だと思う」

Q15.あなたにとって“櫻井翔”とは?
「場を和ませ、笑える雰囲気にする人」

Q16.あなたにとって“二宮和也”とは?
「切り替える人」

Q17.20年前の自分へ一言、20年後の自分へ一言
「20年前も20年後も、頑張ってください」

Q18.2018年で楽しかったこと、大変だったこと
「コンサート。クリエーティブなものだし、応援してくれるファンのかたとコミュニケーションをとれる場でもあるから。2018年はドラマもあって物理的にはハードではあったけど、大変なことはなかったね」

Q19.2019年の抱負
「たくさんツアーをすることが一番の望みで目標」

Q20.2019年に“猪”突猛進したいこと
「そりゃあ20周年ですよ。猪突猛進にエネルギー全開で過ごしていきたいと思っています」

※女性セブン2019年1月3・10日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス