• TOP
  • 国内
  • 悠仁さま お茶の水女子大附属中へ内部進学内定か

国内

2019.01.17 16:00  女性セブン

悠仁さま お茶の水女子大附属中へ内部進学内定か

内部進学が内定?の悠仁さま(撮影/JMPA)

 皇太子ご一家を支える宮内庁東宮職が、ハラハラと気を揉んでいるという。

「1月8日夜、両陛下や皇太子ご一家、秋篠宮ご一家などが集まる新年恒例の食事会が皇居・御所で行われましたが、雅子さまは風邪で欠席され、心配が募ります。

 最近は快復が顕著で、7日には、昭和天皇30年式年祭の『皇霊殿の儀』に、両陛下の名代として皇太子さまと共にお務めを果たされました。それだけに、お疲れがたまって、また体調が悪化されないかと…。本番は、譲位の各行事が行われる4月、5月であり、即位礼のある10月です。今は無理を重ねてほしくありません」(宮内庁関係者)

 今年の皇室の、さらなる憂慮の種は、諸問題を抱える秋篠宮家だ。1月11日には学術分野の第一人者から講義を受けられる「講書始の儀」が皇居・宮殿で行われた。出席された秋篠宮ご夫妻の様子は、対照的なものだったという。

「皇居・半蔵門をくぐる秋篠宮さまの表情は暗い一方で、隣の紀子さまは不自然なほど明るい笑顔でした。秋篠宮さまは少し頬がこけたように見えました」(皇室記者)

 昨年11月の誕生日会見でのご発言が尾を引いているのではないかという指摘もある。

「秋篠宮さまは会見で、新天皇即位に伴う重要儀式『大嘗祭』について『身の丈にあった』儀式にすべきと発言され、さらに、宮内庁長官が『聞く耳を持たなかった』と続けました。兄の即位という晴れ舞台に水を差す発言ではないかと波紋を広げ、それを美智子さまも心配されているそうです。眞子さまの結婚問題も進展がなく、秋篠宮さまに心労が募っているのかもしれません」(皇室ジャーナリスト)

 そうした事態を案じられたのか、1月2日の新年一般参賀の際に、美智子さまが隣の秋篠宮さまに何度か声を掛けられるシーンが見られた。

「御代がわりで、秋篠宮さまは、皇太子待遇の『皇嗣』になられます。職員の拡充など環境整備を急ピッチでされるべき時期ですが、その準備も思うようにはかどらないようです」(前出・皇室記者)

「皇嗣妃」になられる紀子さまはというと、こんな様子が見られていたという。

「昨年12月、皇居・御所で行われた、歳末の挨拶を兼ねた食事会でのことです。浮かない表情で言葉数の少ない秋篠宮さまや眞子さま、佳子さまをよそに、紀子さまがひとり、笑顔でずっとおしゃべりをされていたそうです。普段の紀子さまなら、そうした場では、悠仁さまの教育や近況を中心に話されますが、その日はご自身の公務や活動の話に終始していらっしゃったそうです」(皇室関係者)

関連記事

トピックス