• TOP
  • 芸能
  • 『映画刀剣乱舞』 鈴木拡樹&荒牧慶彦が現場の裏側を明かす

芸能

2019.01.18 16:00  女性セブン

『映画刀剣乱舞』 鈴木拡樹&荒牧慶彦が現場の裏側を明かす

『映画刀剣乱舞』で共演する鈴木拡樹&荒牧慶彦(撮影/mika)

 1月18日公開の『映画刀剣乱舞』。この作品で“座長”を務める三日月宗近(みかづきむねちか)役の鈴木拡樹(33才)と、舞台版に続いて鈴木と共演する山姥切国広(やまんばぎりくにひろ)役の荒牧慶彦(28才)がスクリーンを飛び出して、現代社会にタイムスリップ! 刀剣男士たちが街に繰り出し、作品への熱い思いや初恋などプライベートなことまで赤裸々に明かしてくれました。

鈴木:刀剣乱舞はオンラインゲームからスタートして、舞台化、映画化と、大きな作品に成長を遂げました。ぼくたちは舞台が始まった頃からかかわってきた作品なので、いっしょに大きくなってきた感覚です。

荒牧:社会現象と言われるのも嬉しいし、ミュージカル版の刀剣男士が昨年末の“紅白”に出たことも誇らしい気持ちでしたね!

鈴木:これまでは舞台が中心だったのですが、監督が『舞台で積み上げてきたものを出してください』と言ってくださったので、映像用に表現の仕方を変える必要はなかったんです。

荒牧:映画だからといって特別なことはしてないですね。でも合戦シーンは大人数で表現できたので、映像ならではの迫力が出ていると思います。ただ舞台とは足場が違うので、殺陣の時に踏ん張れなくて(苦笑)。砂利だとこんなに滑るんだなと、最初はみんな苦戦していました。ヒロくんは視野が広いから誰かが困っているとすぐに見つけて、殺陣を教えてあげたり。理想の先輩です!

鈴木:ありがとう(笑い)。まっきーは人懐っこい! 彼がいると現場の雰囲気が良くなるんですよ。バランス感覚がいいし、ストイックだから勉強になる部分もある。ぼくが知らないことをたくさん知っているので、興味が尽きないですね(笑い)。

荒牧:えぇ!? 知らないことってゲームとかでしょ(笑い)。ヒロくんは、仏様みたい! それも並大抵ではなく、“仏の顔も三度まで”どころか百度くらい許してくれそうなくらい優しい。でも、プライベートは謎!

鈴木:謎?

荒牧:ヒロくんのプライベートは、走っているか、寝ているかの情報しか知らないから(笑い)。

鈴木:隠しているわけじゃないよ。その情報くらいのことしかしてないから、話を広げようがないんだよね(笑い)。

荒牧:じゃあ、初恋はいつ?

鈴木:えぇ? 幼稚園かな。

荒牧:幼稚園は抜きにしましょうよ~。子供すぎる(笑い)。ぼくは小3から中3まで同じ子が好きでした! 淡い青春ですね。

鈴木:小学生の時は、卒業するまでひとりの子がずっと好きだったんだよね。でも、何も行動できなかったから、“流れ去っていった恋”。

荒牧:あはは。映画の話に戻るけど、誰もが知っている織田信長の歴史の話を、刀剣男士とこんなふうに絡めるんだとぼくも驚いたので。ストーリーにのめりこんで見てください!

関連記事

トピックス