芸能

高須院長 レーダー照射問題に憤怒「韓国はフェイク国家」

レーダー照射問題で韓国に呆れる高須院長

 美容整形外科「高須クリニック」の高須克弥院長が世の中の様々な話題に、思いのままに提言をしていくシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、依然として決着のつかない韓国海軍駆逐艦による日本の哨戒機へのレーダー照射問題についてお話をうかがいました。

 * * *
──韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊P1哨戒機に対する火器管制レーダー照射問題ですが、まったくもって日韓で協議できる状況ではないままです。

高須:これまでも散々わけのわからない主張をして日本を困らせてきた韓国だけど、今回の嘘のつきっぷりは、これまでに輪をかけてヤバいね(笑い)、常軌を逸している。もう、笑えてくるくらいだよ。

──まず、日本がいくつも証拠を出しているのに、韓国は「レーダーは照射していない」の一点張り。さらには、日本が事実を歪曲していると主張し、謝罪まで求めてくる始末です。

高須:つまり、韓国は嘘しかついていないということ。ちゃんとした国家がこんなに嘘をつきまくるなんて、本当にあるんだね。信じられない。むしろすごい。先生に怒られるのが怖くて、嘘をつき続けている幼稚園児を相手にしているみたい。そりゃあ話もできないはずだよ。

──さらに、レーダー照射問題とはまた別件で、1月23日に日本の海上自衛隊の哨戒機が韓国海軍に艦艇に対して接近飛行を行ったと主張しました。

高須:どうしても日本が挑発行為をしていると言い張りたいということなのだろうけど、嘘を嘘で塗り固めてくるんだから、本当に恐ろしいよ。もう韓国は何でもアリな国になってしまった。まさか、隣国がこんなことになってしまうとは、悲しいことだね。

──国家間の関係が悪くなることは珍しくないと思うのですが、こういう形で事実とは異なる主張を繰り返してくるというのは、ちょっとないことですよね。

高須:これはもう敵国に対する態度だということなんだろうな。少なくとも友好国に対するものではない。日本を貶めるためなら、どんな嘘でもついてやろうという卑劣な態度を示しているわけだ。

 それこそ北朝鮮が朝鮮労働党の絶対的支配を誇示するために、国営メディアでありえない嘘を報じているでしょ。国内的に都合が悪いことは完全にスルーして、事実を捻じ曲げて労働党の素晴らしさを喧伝するようなニュースだけを流している。今、韓国政府がやっていることは、まさにそれと同じだよ。北朝鮮がフェイクニュースを流すのと同じようにして、韓国政府は日本に関する嘘を垂れ流している。韓国はフェイク国家だね。

──そんな韓国に日本はどう対処すればいいのでしょうか?

関連記事

トピックス

三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
有岡大貴と松岡茉優
Hey! Say! JUMP有岡大貴&松岡茉優が結婚 匂わせなしの“ファンファースト”な交際の一方で「結婚は35才以降」説崩壊に動揺も
女性セブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン
日活映画は吉永小百合にとっても青春そのものだった
【吉永小百合・デビュー65周年】日活という学校で学び、青春映画の中で放たれた可憐なマドンナ 共演者・カメラマンが語るその輝き
週刊ポスト
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
紀子さま“体調不良報道”でも気丈な姿、単独公務先で「こちらにどうぞ」と気さくに声かける お元気そうな様子に同行していた記者たちは驚き
週刊ポスト
6月9日、鹿児島市内の認定こども園で、刃物のようなもので男児の首を切りつけて出血させたとして、殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者(21)
《鹿児島2歳児切りつけ》「見えたらいけないものが…」21歳の女性保育士が犯行前にSNSで意味深投稿 母校の高校関係者は「夢の実現目指して熱心に勉強を」
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
全国ライブ中の沢田研二
《ファンの声援にブチ切れ》沢田研二が「見てわからんか!」とステージ上で激怒し突っ込んだ「NGワード」
NEWSポストセブン
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン