• TOP
  • 国内
  • 恋愛感情がない人物、「アセクシャル」という言葉に希望

国内

2019.02.03 07:00  女性セブン

恋愛感情がない人物、「アセクシャル」という言葉に希望

「アセクシュアル啓発委員会」のメンバーの中村健さん(撮影/清水通広)

「LGBT」という言葉の普及とともに、テレビや新聞でもセクシャルマイノリティー(セクマイ)にスポットが当たることが増えた。さらには、異性愛や同性愛だけでは語れない多様な恋愛観が存在している。たとえば、他者に性的に惹かれることがない「アセクシャル」と呼ばれる人もいる。

「好きとは何か」をテーマに、昨年、早稲田大学で開かれたトークイベントには、予定を大きく上回る325人が詰めかけた。その主催者の1人である「アセクシュアル啓発委員会」のメンバーで、ユーチューバーとしても活動する中村健さん(22才)は、「自分には恋愛のアンテナがない」と語る。

「いわゆる一般の人には、恋人・家族・友人などの概念があると思うのですが、私は幼い頃から、恋愛という要素がすっぽりと抜け落ちていました。だから恋愛ドラマや映画を見てもまったくリアリティーを感じませんし、“ありえないファンタジー”としか思えない。『ハリー・ポッター』を見ているようなものです」(中村さん)

◆「つきあってほしい」の意味とは…

 東京で生まれ育った中村さんは、周りから「女の子っぽい」と言われる男の子だった。中学時代、仲のいい女友達から「つきあってほしい」と告白されたが、それを「買い物につきあって」と言われたのだと思い込み、OKしたという。

 だが何回か“デート”した後、彼女の方から離れていった。理由がわからず友人に相談すると、「何の進展もないから、うんざりしたんだよ」と言われた。

「その時初めて、“恋愛的”なものがこの世にあると気づいたんです。それを周りの人は認識しているし、自分の身にも降りかかってくるものだとわかった。でも私は“恋愛感情”というのがどういうものなのか理解できなくて、『人を好きになるとキュンとする』とみんなに言われても、“キュン”が何なのかまったくピンときませんでした」(中村さん)

 高校時代、恋愛的な要素がわからず、周りとの温度差を感じていると、「いつかそういう人が現れるよ」と励まされた。

「誰でもいつか恋愛できる」と考える周囲と、そうではない自分の「恋愛」というものへの捉え方に、ますます差を感じる一方だった。

「恋愛の対象が女性ではないのかもしれないと思い、男性と恋愛的な関係になったこともありますが、自分はゲイでもなかった。バイト先の先輩には、『恋愛しないなんて、ロボットみたいだね』と言われたこともあります。自分は人間として欠落しているのだと、不安に襲われるようになりました。それで17才の時、ネットで調べるうち、『アセクシャル』という言葉にたどり着いたんです」(中村さん)

「アセクシャル」は、日本ではまだ認知度が低く、セクマイ当事者たちの間でも知っている人が少ないワードだ。

関連記事

トピックス