国内

最新国内記事のRSS

内視鏡、骨粗しょう症、認知症などの検査は受けなくてもよい?

2019.02.12 16:00

「チュージング・ワイズリー(choosing wisely)」と呼ばれるムーブメントが海外では起きて

「チュージング・ワイズリー(choosing wisely)」と呼ばれるムーブメントが海外では起きている。これは、“ムダな医療、有害な医療をなくそう”という一大キャンペーンである。そうした流れが日本でも起きつつある。

 例えば、大腸がんは、日本人女性の死因1位。がんがないか、こまめにチェックしたいところだが、アメリカでは大腸内視鏡の検査は、10年に1回でいいとされている。

 チュージング・ワイズリーに詳しい医療経済ジャーナリストの室井一辰さんはこう語る。

「過去にポリープが見つかったなど、リスクがある人は、5年に1回。健康な人は10年に1回受ければ、寿命に影響しません。大腸がんは進行が遅いうえ、肺や肝臓などと違い、内視鏡で直接内部をチェックできるので、見落としも少ないのです」

 また、卵巣がん検診で行われることが多いのは、経腟エコー検査と、腫瘍マーカー「CA125」を調べる血液検査。チュージング・ワイズリーにおいて、これらは「害を及ぼす検査の典型」だという。

「卵巣がんの発見は難しく、検診で早期に発見できた、死亡率が低下した、というデータはありません。それどころかがんと誤診され、不要な手術を受けるリスクさえあるのです。腹部が痛い、不正出血が続くといった自覚症状がある人以外は受けない方がいい」(室井さん)

 卵巣がんと同じく、女性特有の病気であり、こまめな測定が必要になると思われている骨粗しょう症。しかし、世界基準においてはそうではない。室井さんが解説する。

「骨密度検査はX線を用いたDEXA法が一般的。この検査は、10年に1回受ければ充分だとされている。そのうえ女性は閉経後に骨密度が下がるとはいえ、すぐに骨粗しょう症になることはなく、数年で急激に悪化することもないと証明されている。そのため、65才以下は受ける必要がありません」

 アメリカ在住の内科医・大西睦子さんも声をそろえる。

「骨密度の減少が極端に進行している人は別ですが、一般的な数値の女性は骨粗しょう症が発生するのに15年かかるという研究結果が、2012年に米ノースカロライナ大学の研究で明らかになっています」

 さらに、高齢化により2025年には700万人を超えるとされる認知症。

 内閣府の高齢社会白書によると、2030年には65才以上の5人に1人が認知症になると予想されている。認知症もがんと同じく早期発見が推奨されるが、その診断は慎重に行うべきというのが米国学会の考え方だ。

「認知症と間違われやすいのは、高齢者に多い『せん妄』。薬の副作用などで精神状態が急に変化して思考が混乱し、異常行動をとることがあります。米国看護学会によれば、せん妄の9割が認知症と誤解されているので、異常行動を認知症と決めつけないよう注意すべきなのです。

 認知症検査の多くは『今日の日付はわかりますか?』といった質問形式で、回答次第では医師でも認知症だと誤診することがある。検査結果をうのみにせず、疑ってみる姿勢も必要です」(室井さん)

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP