• TOP
  • 国内
  • 右派もリベラル派も天皇を担ごうと争っている状況に

国内

2019.03.13 07:00  SAPIO

右派もリベラル派も天皇を担ごうと争っている状況に

佐藤:天皇家の連続性を見ていくと、皇太子は次のいずれかの流れを受け継ぐのではないかと思うんです。昭和天皇は、明治天皇と重なる部分が多い。今上天皇には大正天皇との共通性がある。皇太子が明治、昭和の流れを汲むのか。あるいは父親の特徴を色濃く受け継ぐのか。

片山:歴史的に見ても、大正と平成という2つの時代の特徴や性質にも共通性が非常に多い。明治、昭和は右肩上がりに経済成長し、国際社会に地位を認めさせていくエネルギッシュな時代だった。その流れを受けた大正と平成には、急成長によってもたらされた課題が積み残された。大正、平成をその課題を処理する転換期と見ることもできる。またとても長かった明治、昭和に比べ、大正、平成は短期間で終わる。

佐藤:大正と平成は、関東大震災と東日本大震災という国の運命を変える大災害を経験していますね。

片山:そうなんです。政治面で言えば、大正は明治末期に伊藤博文ら維新の功労者が死んだり、高齢化したりして影響力が弱まったあと、官僚や政党、軍が好き勝手に動き出し、まとまりを欠いてくる。これは昨今の官僚や政治家の不祥事に重なります。あるいは、日露戦争が終わり、大正に入ると富裕層を中心に個人主義化、自由主義化していった。平成も資本主義、新自由主義が格差を生み出して、一人一人がバラバラに分断されたアトム化した社会になってしまっている。

佐藤:確かに共通点がありますね。私は、こうした危機的な社会背景が、今上天皇が「譲位」を選ばれたことと関係しているのではないかと考えているんです。

 3・11直後、今上天皇は「ビデオメッセージ」で被災地で活動する消防士や警察官、自衛隊員、海上保安官を激励した。あれは現行の憲法体系を踏み越える内容でした。

関連記事

トピックス