• TOP
  • 芸能
  • マネ虎・岩井良明社長「若者よ、就職することは恥じゃない」

芸能

2019.04.21 16:00  NEWSポストセブン

マネ虎・岩井良明社長「若者よ、就職することは恥じゃない」

マネ虎・岩井良明社長「己を知れ!」(イラスト/ヨシムラヒロム)

 今から15年前に惜しまれつつ終了した『¥マネーの虎』(日本テレビ系)で“教育の虎”としで活躍した岩井良明氏は2018年、長いネット上での沈黙を破ってYouTubeで『就活の虎CHANNEL』を開設した。4月1日に『令和の虎』としてリニューアルした同番組では、新システムを加えた『¥マネーの虎』を復活させ、就職活動にチャレンジする大学生たちに、働くことについてのメッセージを伝え続けている。イラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が、岩井氏に”働くこと”について聞いた。

 * * *
◆出来の悪い子ほどカワイイ

──岩井社長はどのように社会に出られたのですか?

岩井:元々、小説家や役者という仕事をしたいと思っていたんですよ。けれど、何度か挑戦したものの、自分の芸術的才能のなさに気づきましてね……。

 大学時代は応援団で団長までつとめましたので、根性だけはありました。こういった言い方は失礼ですが「営業ぐらいは自分もできるだろ!」とリクルートでアルバイトを始めました。それが、働くことのスタートでした。

──リクルートではどんな仕事をしていたのですか?

岩井:主に新卒採用の仕事ですね。営業成績も良く、正社員になることも出来ました。仕事も順風満帆だったのですが、あることで揉めましてね。3年でやめました。その後、愛知県江南市で塾講師の仕事を始めたんです。

──ここで今に至る教育事業との出会いがあったんですね。

岩井:自分で言うのもなんですが、人気講師だったんですよ。特に出来の悪い子からは絶大なる支持で。だって、塾生でもない子供たちが、僕と話をしたくてビルの屋上でたむろしているんですよ(笑)。

 僕も大学時代にちょっと危ない世界を見た経験があります。屋上でたむろしていた彼らは、その背景を察したんでしょうね。他の講師の言うことは聞かないけれど、僕の言葉はスッと受け入れてくれるんです。だから、授業にも熱がこもりました。ダメだった子の成績を上げることにおいては、カリスマだった。

──前のインタビューで聞いた応援団の話もそうですが、岩井社長の人生はホントに劇画のように人と人が熱い思いをぶつけあう世界ですね。

岩井:かわいいけれど、ちょっと頭が悪い女の子っているじゃないですか。その子が悪の道に入りそうになった時も相談を受けてね。助けてあげたこともありました。

コメント 1

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス