• TOP
  • スポーツ
  • マスターズ復活VのT.ウッズ、33歳勝利の女神と再婚秒読みか

スポーツ

2019.04.25 07:00  週刊ポスト

マスターズ復活VのT.ウッズ、33歳勝利の女神と再婚秒読みか

復活したタイガー・ウッズ(EPA=時事)

復活したタイガー・ウッズ(EPA=時事)

 2014年ぶりのマスターズ制覇を決めたタイガー・ウッズ(43)。2008年の全米オープン以来となるメジャー優勝までの11年間は、まさに“天国から地獄”だった。腰痛で4度の手術、さらにホステス、ポルノ女優ら10人以上の愛人の存在が発覚し、離婚。スポンサーも相次いで撤退した。2017年には抗不安薬の影響下で車を運転したとして逮捕されている。

 復活を支えたのが、最終日のホールアウト直後に熱い抱擁とキスを交わしたエリカ・ハーマンさん(33)だ。2017年の9月以降コースで見かけるようになり、ウッズの恋人として知られているが、今大会中、『選手の配偶者(Player’s Spouse)』のパスをぶら下げていたことで「今シーズンの成績次第では再婚するのでは」と、注目が集まっている。

「ウッズは10年に数百億円とも報じられた慰謝料を払って元妻と離婚後、アルペンスキー選手のリンゼイ・ボン(34)と交際を始め、結婚目前といわれたが、2015年頃に破局。その後、スタイリストとの交際を経て、2017年からはエリカさんと付き合い始めた。

 2~3年くらいで恋人が変わっていたが、エリカさんがコースに姿を見せるようになって明らかに成績が上がっている。ウッズは“もう結婚はしない”と周囲には漏らしていたが、ここまで“あげまん”となると、話は変わってくる。エリカさんは今大会中も2人の子供と行動を共にして、すっかりなついているように見える」(同前)

 再婚してさらに“強いタイガー”が戻ってくる?

※週刊ポスト2019年5月3・10日号

喜ぶタイガーの家族(共同通信社)

喜ぶタイガーの家族。エリカ・ハーマンさんは写真右(共同通信社)

関連記事

トピックス