スポーツ

巨人・好調の秘密は原辰徳監督の「攻撃的采配」にあり

原辰徳監督(中央)の「攻撃的采配」とは?(写真:時事通信フォト)

 5年ぶりのセ・リーグ優勝に向けて、巨人が走っている。主将の坂本勇人が開幕から32試合連続出塁で、長嶋茂雄に並んで球団2位タイの記録を作るなど絶好調をキープ。広島からFA移籍した丸佳浩も開幕戦こそ4打席連続三振を喫したが、その後は安定した打撃を見せている。

 しかし、期待の1番候補だった吉川尚輝は開幕当初こそ打棒が爆発したが、4月中旬にケガで2軍落ち。4番の岡本和真は本塁打こそ出ているものの、低打率に留まっている。外国人選手のゲレーロ、ビヤヌエバも期待されたような活躍はできていない。

 投手陣に目を移しても、先発陣は菅野智之と山口俊の2本柱を中心に試合を作っているものの、リリーフ陣は抑えのクックが2軍落ち。安定した守護神と呼べる存在がおらず、毎試合のように中継ぎ陣のやり繰りで凌いでいる。

 オフに大型補強を敢行したが、新戦力では丸が活躍している程度。炭谷銀仁朗や中島宏之は一軍に帯同しているものの、レギュラーを奪取するまでには至っていない。単純に戦力を比較すると、昨年とそこまでの変化はないようだ。それでも、首位をキープしている要因は何なのか。野球担当記者が語る。

「原監督の手腕に尽きるでしょう。前回の監督時にも増して、あらゆる意味で攻撃的になっています。4月に2試合連続11失点を喫して惨敗すると、5人を登録抹消。外国人の入れ替えにも積極的で、5月6日には開幕直後は好調だったゲレーロ、昨年メジャーリーグで20本塁打を放ったビヤヌエバを2軍へ落とした。一方で、ファームで活躍していた増田大輝や北村拓己を1軍に上げて、すぐに使う。

 キャンプ直前、『実力至上主義、勝利至上主義』と宣言した通りの指揮を見せています。どの監督も開幕前は横一線を謳いますが、シーズンが始まると実績のある選手、特に外国人は我慢して使い、若手のチャンスを潰すことはよくある。原監督は良い意味で容赦なく、“実力至上主義”を貫いています」(以下「」内同)

関連記事

トピックス

田村瑠奈被告
【テキーラに浮かぶ眼球】ススキノ事件・瑠奈被告(30)が愛した「怪談バー」 ずっしりと重い“人の生首”も 逮捕直前、夫婦が行きつけの店で交わした会話
NEWSポストセブン
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
女性セブン
ハーゲンダッツ ジャパンの新商品発表会に登壇した小松菜奈
【8.5頭身の圧巻スタイル】小松菜奈「紫色のスレンダーボディ」「出会った人すべてが恋に落ちる」どうしようもない魅力
女性セブン
問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
この国の食卓は「偽物」だらけで埋め尽くされてしまうかもしれない(写真/PIXTA)
牛肉、うなぎ、あさり、鶏肉など…繰り返される「産地偽装」「産地ロンダリング」のカラクリ
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン