• TOP
  • 国際情報
  • 名前も挨拶もミス、韓国メディアが報じる文大統領の認知症疑惑

国際情報

2019.05.30 07:00  週刊ポスト

名前も挨拶もミス、韓国メディアが報じる文大統領の認知症疑惑

 しかし、“単なる言い間違い”と片付けられない事情が韓国メディアにはある。

「文大統領が海外要人との会合で、言い間違いやおかしな言動をするのは、今に始まったことではない。最近は特に頻発し、一歩間違えば外交問題に発展しかねないようなケースもあった」(在韓ジャーナリスト)

 たとえば、3月にマレーシアを国賓訪問した際には、マハティール首相との首脳会談直後の共同記者会見を、親しみを込めて現地語で始めた。

「スラマッソール! 私と我が代表団を温かく歓待して下さった(中略)国民に心から感謝します」

 ところがこの「スラマッソール」という言葉、マレーシア語ではなくインドネシアで使う挨拶だったために現地で顰蹙を買った。もう間違えまいと思ったのか、その後はマレーシア語で挨拶するようになるも、昼間に夜の挨拶をしたり、夜に昼間の挨拶をするなど会合のたびにミスを重ね、しまいには大統領府が「あってはならないこと。今後、このようなことはないよう万全を期す」と誤りを認めた。

 さらにその後に訪れたブルネイでは、国王主催の晩餐会で文氏が乾杯を提案したことが「厳格なイスラム国家であるブルネイでは非礼ではないか」との指摘を受け、帰国後には「昼間に夜のあいさつ、イスラム教国で乾杯……文在寅外交に批判殺到」(朝鮮日報)と韓国メディアに報じられた。

◆ 「大韓民国」が「大韓米国」に

関連記事

トピックス