• TOP
  • 国際情報
  • 「長時間労働上等」の日本と「労働者天国」ドイツ、その違い

国際情報

2019.06.02 07:00  NEWSポストセブン

「長時間労働上等」の日本と「労働者天国」ドイツ、その違い

なぜドイツは「働きやすい国」とされるのか?(写真/アフロ)

“定時帰り”をモットーとするヒロインを吉高由里子が演じるドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)が話題だが、残業時間の上限規制や有給休暇の確実な取得などを謳った「働き方改革関連法」が4月1日より施行されて2か月──残業を減らすために昼休み返上で働くなど新たな問題も生まれ、政府の「働き方改革」に課題や問題点を指摘する声が続々と出ている。

「長時間労働」問題が一向に改善しない日本とは対照的に、合理的な働き方を取り入れているのがドイツだ。なぜドイツは労働者天国といわれるのか? ドイツ在住歴5年半、著書に『日本人とドイツ人 比べてみたらどっちもどっち』(新潮新書)がある、ライターの雨宮紫苑さんがリポートする。

 * * *
「残業をなくすために、ドイツではどのような対策をしていますか」

 1年ほど前、わたしはニュルンベルクにある労働市場・職業研究所(IAB)で、Yahoo!ニュースの特集記事のために取材をしていた。テーマは、『長時間労働』だ。

 ドイツの残業実態についてひととおり聞いたあと、この質問をしてみた。労働者天国かのようにいわれるドイツでは、さぞかし革新的で効果的な残業抑制の施策があるのだろう。と、思いきや。

「ドイツでは最大労働時間が決まっているので、その上限を超えなければ残業しても問題ありません」

 いやまぁそうだけど。そうだけどさ。それでも残業しなきゃいけない、残業させられることに対して、なにかこう、あるんじゃないか?

 というわけで、「その法律を守らない企業に対してはどんな対策を」と質問を重ねる。すると、事も無げに「それは司法の判断になります」と返ってきた。た、たしかに……。

「法律を守らない企業をどうするか」といえば、そりゃ当然「法に則って対処する」という答えになる。それが法治国家というものだ。

 しかし日本には「企業が労働法を守らない」という前提があり、「そんな企業からどう労働者を守るか」が議論の俎上に上がる。それがそもそもおかしいのだ、と気付かされたやりとりだった。

◆「会社」より「仕事内容」を重視するドイツ人

 なぜドイツでは「企業が法律を守る」を前提に話ができるのか。それは、「権利を侵害すると労働者がすぐに声を上げる」「労働環境が悪いと従業員が辞めてしまう」というのが大きい。

 ドイツには、仕事内容はもちろん、どこからどこまで責任があり、どんな目標を達成すべきなのか、どんな権限をもつのか、などが細かく書かれたジョブ・ディスクリプション(職務記述書)がある。

 だから労働者は、「それはわたしの仕事ではありません」「契約で決まっているので、それは拒否します」と堂々と言う。在ドイツ日本大使館がレポートにしているとおり、ドイツでは『各労働者との個別の労働契約の重要性が高い』のだ。

コメント 2

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス