スポーツ

中日・高橋周平と巨人・岡本和真 新監督で明暗分かれる

巨人の若き主砲が悩んでいる

 熱心な“竜党”にとっては、「やっと」という感慨もあるのだろう。プロ野球の中日・高橋周平(25)のバットがついに覚醒した。打率.344でリーグトップをひた走り、交流戦に入ってからは主砲・ビシエド(30)を退けて4番に座る(数字は6月11日終了時点、以下同)。

「8年目を迎えた今季、与田剛・監督からキャプテンに指名され火が付きました。5月は、日本記録に並ぶ月間8度の猛打賞を記録するなど、25歳での抜擢に応える活躍を見せています。

 高橋は長年、未来の“竜の顔”として期待されながらも伸び悩んできた。昨季は初めて規定打席に到達しましたが、チャンスで森繁和・前監督に代打を送られ、ベンチで悔しさを滲ませる場面もあった。昨年コンバートされたセカンドから、今年は本職のサードに復帰したことも大きかった」(スポーツ紙デスク)

 対照的に“ブレーキ”がかかっているのが巨人・岡本和真(22)だ。昨季は全試合に出場し、打率・309、33本塁打、100打点をマーク。22歳シーズンでの100打点は、1996年の松井秀喜を抜いて最年少記録だった。

 だが飛躍のシーズンから一転、打率は.256と低迷する。

「岡本は昨季の春季キャンプでその松井氏から直接指導を受け、打撃のコツを掴んだのか、見違えるように良くなりました。その様子を見ていた高橋由伸・前監督は直接指導はせず、二岡智宏・打撃コーチに任せて、我慢強く4番で使い続けました。

 ただ今季は事情が違う。ヘッドコーチを置かず、チーム全体に厳しく目を光らせる原辰徳・監督は、春季キャンプから岡本へのマンツーマン指導を行ない、シーズンに入ってからも、雨天中止となった甲子園の室内練習場で指導するなど“教え魔”のように試合前の微調整を繰り返している。だが、マジメな性格が災いして原監督のアドバイスを過剰に気にしすぎているように見える」(番記者)

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト