• TOP
  • 国際情報
  • 香港「雨傘運動の女神」が語る「200万人デモ、そして未来」

国際情報

2019.06.18 07:00  NEWSポストセブン

香港「雨傘運動の女神」が語る「200万人デモ、そして未来」

香港バプテスト大学の周庭さん

 6月12日、刑事事件の容疑者を中国本土に引き渡すことを可能にする「逃亡犯条例」に反対する市民が、立法会(議会)を取り囲んで幹線道路を占拠した。警察当局は市民に対し、催涙弾や鎮圧用の「ビーンバック弾」を使用し、香港政府によると72人の負傷者が出た。5年前の「雨傘運動」の際に「民主の女神」として有名になった香港バプテスト大学4年生の周庭(アグネス・チョウ)さん(22)に、大規模デモについて聞いた。

「故郷のことを思うと、私も早く香港に戻って運動に加わりたい」──香港の市街地が再び“雨傘”で埋め尽くされた日、本誌・週刊ポストの取材に、周さんはそう口にした。

 周さんは、2014年の「雨傘運動」を主導した1人。マイクを握って演説する愛らしいルックスの17歳は、「雨傘運動のアイドル」、「民主の女神」として一躍世界的に有名になった。今回、広報活動のために緊急来日した彼女が率直な思いを語った。

──今日(取材当日の12日)も、香港では立法会(議会)を取り囲む大規模なデモが行われています。

「普段は土日にデモを開催します。今日は平日なのに、日中から人が集まり続けているというのは驚くべきことです。

 実は、今日は1000以上のお店が反対運動を応援するために休業しています。企業のストライキもありました。香港の人は日本人と似ていて仕事が大好きな人が多いので、ストライキはめったにないんです。しかも、労働者の権利を求めるためのストライキではなく、政治的なストライキというのは珍しい。

 だから、今日の香港を自分の目で見たいんです。“香港にとって歴史的な日なのに、私は日本にいる”ということが、本当にもどかしいです」

コメント 4

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス